[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

外部評価・賛同

外部評価

新・ダイバーシティ経営企業100選

企業におけるダイバーシティ経営への積極的な取り組みを「経済成長に貢献する経営力」として評価され、経済産業省が実施する「平成27年度 新ダイバーシティ経営企業100選」に選ばれました。京都に本社を置く企業として初めての選出となりました。

新・ダイバーシティ経営企業100選ロゴ

なでしこ銘柄

経済産業省と東京証券取引所が実施する「女性活躍度調査」を元に、女性活躍推進に優れた企業を選定し発表する「なでしこ銘柄2019」に選定されました。対象企業約3,600社の中から42社が選定され、うち、電気機器業種としての選定となります。
HORIBAは創業以来、「人」を最も大切な財産であると捉え、活躍の場を広げられる働き方の工夫を重ねてきました。今後も経営戦略の一つとして、経営層、人事部門、現場の従業員が三位一体となりダイバーシティを推進し、企業価値を高めていきます。

なでしこ銘柄ロゴ

健康経営銘柄

経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「健康経営銘柄2019」に選定されました。本制度は、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む上場企業を選定し紹介することで、企業による「健康経営」の取り組みを促進することをめざすものです。
HORIBAの「健康経営」における組織体制や、ヘルスアップチャレンジ、給食委員会など独自の施策が評価され、対象企業3,740社中37社(うち、電気機器業種5社)の「健康経営銘柄」として選定されました。

健康経営銘柄2019ロゴ

健康経営優良法人

従業員の健康課題を把握し、こころとからだの健康づくりや健康経営の実践に向けた取り組みなど、健康保持・増進を目的とした施策の導入や効果検証を積極的に実施している法人として、日本健康会議より「健康経営優良法人」の認定を受けました。2017年、2018年と2年連続で認定いただいています。

健康経営優良法人2018ロゴ

くまもとブライト企業賞 受賞

ブライト企業認定194社の中で、実施している労働環境や処遇の向上などの活動の中でも、特に優れた取組みを行っている企業に贈られる賞です。ダイバーシティ推進と働き方改革において、全社的に幅広くダイバーシティ推進に向けた意識啓発・環境づくりを行っているとして「第一回くまもとブライト企業賞」として表彰されました。

くまもとブライト企業認定証

賛同

国連グローバル・コンパクトへの署名

HORIBAは、国際連合が提唱する人権・労働・環境・腐敗防止に関する普遍的原則である「国連グローバル・コンパクト10原則」に賛同し社長名で署名を行いました。2011年4月28日付で参加企業として正式加盟しています。

現在、HORIBAは世界の27ヶ国48社で事業展開しており、国際企業として将来にわたり持続的に発展していくために、これらの課題に積極的に取り組んでいきます。

  • 国連グローバル・コンパクトは、国連事務総長コフィー・アナン氏(当時)が提唱し、2000年7月に正式に発足しました。
国連グローバル・コンパクトロゴ

国連グローバル・コンパクトの10原則

    関連情報へのリンク
人権
  • 原則1:人権擁護の支持と尊重
  • 原則2:人権侵害への非加担
労働
  • 原則3:結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4:強制労働の排除
  • 原則5:児童労働の実効的な廃止
  • 原則6:雇用と職業の差別撤廃
環境
  • 原則7:環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8:環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9:環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
  • 原則10:強要や賄賂を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言へ賛同

2015年12月26日、HORIBAは内閣府男女共同参画局が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同し、さまざまな女性の意欲を高めその持てる能力を最大限発揮できるよう、以下の取り組みを行うことを宣言しています。

  1. 自ら行動し、発信する
  2. 現状を打破する
  3. ネットワーキングを進める
「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言ロゴ