免疫化学に基づく分析法

イミダゾール系殺菌剤 トリフルミゾール測定キット

概要

トリフルミゾールはイミダゾール系の殺菌剤です。1986年に農薬として登録され、多くの農作物に使用されています。本キットは、農産物に残留するトリフルミゾールを簡便、迅速(2時間以内)、高感度かつ定量的に多検体を分析できるので、生産現場での出荷/加工前検査や一次スクリーニングに最適です。

特長

機器分析との比較

機器分析は高精度な測定法ですが、下記の前処理や装置のオペレーションに高い技術と時間、また大量のアセトン、酢酸、アセトニトリル、ヘキサン等の多種の有機溶媒が必要です。本キットは、前処理が簡便で時間も大幅に短縮でき、抽出溶媒も少量のメタノールのみを使用するだけでトリフルミゾールを測定することが可能です。
機器分析との比較

主な適用例

農産物抽出液の標準曲線に与える影響
図は、トリフルミゾールを添加した各農産物のメタノール抽出液(10%メタノール相当に希釈)を用いて反応曲線を描き、10%メタノール標準曲線と比較したものです。両者が一致していると、その農産物抽出液の影響なくトリフルミゾールを測定可能といえます。


製造会社: HORIBA

仕様

次のデータは基本性能です。詳しい仕様はお問い合わせください。

標準曲線

標準曲線

交差反応性

農薬

交差反応性(%)

トリフルミゾール

100

トリフルミゾール代謝物

3.7

トリアジメホン

< 0.1

ビテルタノール

< 0.1

ミクロブタニル

0.1

ヘキサコナゾール

< 0.1

イマザリル

0.2

イミベンコナゾール

0.2

プロクロラズ

2.8

 

機器分析との相関性(きゅうり)

データ提供:株式会社日吉 中田 俊芳様

試料

平均(ppb)

SD

CV(%)

A

3.4

0.22

6.4

B

8.3

0.61

7.3

C

15.8

0.50

3.2

n=8

分析者間再現性(ミニトマト)

試料

平均(ppb)

SD

CV(%)

A

3.4

0.51

14.9

B

9.6

0.58

5.9

C

16.8

0.84

4.7

n=3

日間再現性(ミニトマト)

試料

平均(ppb)

SD

CV(%)

A

3.9

0.7

18.6

B

9.4

1.1

11.7

C

17.3

2.3

13.3

n=3

添加回収試験(ミニトマト)

添加濃度(ppm)

回収率(%)

3.0

112.9±5.0

1.6

109.5±2.6

0.6

125.0±2.3

n=3
同時再現性、日間再現性、分析者間再現性、添加回収試験は、本キットが農産物中のトリフルミゾールを定量的に測定できることを示しています。

キットの主な構成品・有効期間

内容(剤型)

容量

数量

抗体プレート(乾燥品)

8行×12列

1枚

標準試薬L(凍結乾燥品:2ppb)

1mL(溶解後)

6バイアル

標準試薬H(凍結乾燥品:20ppb)

1mL(溶解後)

6バイアル

酵素標識物試薬(凍結乾燥品)

6mL(溶解後)

2バイアル

洗浄試薬(溶液:10倍濃縮)

50mL

1バイアル

発色試薬(溶液)

13mL

1バイアル

発色停止試薬(溶液)

13mL

1バイアル

有効期間

製造後12ヶ月

2~8℃保存

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)