自動薄膜計測装置 Auto SE

薄膜(膜厚)測定で、より簡単に最大の効果を

新しい膜厚測定ツールとして開発された"Auto SE"は、プッシュボタン感覚での薄膜サンプルの自動測定を可能としております。サンプル分析は厚い膜でもわずか数秒で実施でき、膜厚・屈折率・表面ラフネス・膜不均質性などを含む分析結果をレポート形式にて提供いたします。"Auto...

IG-320 Gloss Checkers

物の表面に当たった光が正反射する属性を光沢と言い、その程度を表わす量を光沢度と言います。IG-320は、この光沢に対する曖昧な識別を、明確に数値化するチェッカです。フロアメンテナンス、研磨、塗装などの作業管理において、客観的なデータを基にした評価管理が可能となります。特別な測定技術は一切不要ですから、どなたでも簡単にお使いになれます。便利なデータメモリと平均値演算が、ワンタッチで可能です。

IG-331 Gloss Checkers

簡単操作で、幅広い分野での品質管理や空間の美化維持に真価を発揮します。人間の目の識別力はあいまいです。とくに光沢については、識別はもちろん記憶や伝達表現もほとんど無力に等しく、あいまいな認識を生むとともに、商品の生産や販売の場でトラブルの原因につながってしまいかねません。HORIBAのグロスチェッカIGシリーズは、光沢を測定し数値化。光沢に対するあいまいな認識を解消し、客観的なデータを基にした評価を可能にします。しかもハンディタイプでウォーミングアップ不要...

高光沢グロスチェッカ IG-410

光源には近赤外線を採用し、光沢度1000(鏡面反射率100%)を測定します。現場作業を容易にする、表示部と分離した測定部を被検体にあてるだけで計測ができるハンディタイプです。ウォーミングアップは不要です。自動車のヘッドライトなどの照明用反射板やコピー機の反射板、シリコンウエハなど、高いレベルの表面光沢度が要求される製品の品質管理に最適です。

OpenPlex

表面プラズモン共鳴(SPR)法は、ラベルフリーで分子間相互作用を解析できる手法で、分子間の結合から解離に関わる各種パラメーターを計測することができます。

タンパク-タンパク、DNA-DNAなどの同種間の相互作用だけでなく、DNA-タンパクなど異種の分子間相互作用も計測可能です。さらに、抗体-微生物、抗体-培養細胞といった細胞表面との相互作用も計測することができます。

UVISEL In-Line Spectroscopic Ellipsometer

In-Line Spectroscopic Ellipsometer for Web Coater and Roll to Roll Systems

分光エリプソメーター UVISEL

販売を終了しました。

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)