酸素・窒素分析装置 EMGA-920

概要

鉄鋼、新素材、触媒など世界最先端技術の技術開発や品質管理に欠かせない高精度でスピーディな元素分析を実現するツール。
ユーザの要望を最大限に反映させた新世代モデル。

特長

  • 測定濃度ワイドレンジ 酸素 〜5%(m/m)、窒素 〜3%(m/m)
    ・CO、CO2用検出器を搭載することによりワイドレンジを実現。
    ・N2測定用熱伝導度検出器(TCD)の最適化設計。
  • 精度(再現性)※
    ・酸素/窒素:
    σn-1≦0.000002%(m/m) もしくは CV≦0.5%(標準ガス)
    σn-1≦0.00003%(m/m):標準値0.001%(m/m)以下の試料を指定
    CV≦1.0%:標準値0.01〜0.02%(m/m)の試料を指定
    CV≦0.5%(m/m):標準値15%(m/m)以上のセラミックス試料を指定
    ※ 試料質量は1.0±0.1gとする(ただし、セラミックス試料は除く)。
      下記の自動化機構を用いた保証値。
      標準試料は弊社指定のものを用いる。
  • 標準規格準
    ・鉄鋼、チタン、タンタル、セラミックスなどの標準分析手法としてEMGA-920を採用いただけます。
     代表例:ISO10720:1997、ISO17053:2005
     JIS G1228:1997
     ASTM E1019:2003、ASTM E1569:2003、ASTM E1409:2005など


希望販売価格 


製造会社: HORIBA

仕様

製品名

酸素・窒素分析装置

形式

EMGA-920

測定方法

酸素:不活性ガス融解-非分散型赤外線吸収法(NDIR)
窒素:不活性ガス融解-熱伝導度法(TCD)

測定範囲※1

酸素:0~5%(m/m)、窒素:0~3%(m/m)
※1 試料質量を減らすことにより範囲拡大できます。

試料質量

1.0±0.1g

感度(最小読取)

酸素、窒素:0.0000001%(m/m)

精度(再現性)※2

酸素/窒素:
σn-1≦0.000002%(m/m) もしくは CV≦0.5%(標準ガス)
σn-1≦0.00003%(m/m):標準値0.001%(m/m)以下の試料を指定
CV≦1.0%:標準値0.01~0.02%(m/m)の試料を指定
CV≦0.5%(m/m):標準値15%(m/m)以上のセラミックス試料を指定
※2 試料質量は1.0±0.1gとする(ただし、セラミックス試料は除く)。
  下記の自動化機構を用いた保証値。
  標準試料は弊社指定のものを用いる。

測定時間

測定者による試料投入後135秒以内に結果表示
(但し、鉄鋼試料の測定において、測定者作業を10秒とした場合)

表示

(1)測定結果:LCDおよびプリントアウト時
(2)アラームメッセージ:LCDおよびプリントアウト時
(3)フローシート:LCD

ガス抽出炉電力

インパルス炉出力:0~8.0kW

試料投入機構

デュアル投入機構

自動化機構

オートクリーナ、るつぼローダ

積算条件

コンパレータ積算、時間積算の併用またはいずれかを選択
測定成分ごとにゼロ点タイミングを設定可能

試料ID

半角20文字以内

校正

(1)1点または最小自乗一次近似式を用いた多点校正 (ガス/標準試料)
(2)メモリ校正機能
(3)校正式補正機能

機能

(1)リアルタイム抽出カーブ表示
(2)割り込み分析
(3)自己診断およびアラーム表示
(4)抽出ピーク解析(重ね合わせ/差分など)
(5)測定結果外部出力(RS-232CまたはTCP/IP)

外形寸法・質量

750mm(H)×785mm(D)×653mm(W)
(但し試料投入口は設置机上面から650mm)
質量:230kg(但し搬送時には140kg以下のユニットに分割)

制御用PC

Windows XP(SP2)以上が動作するパソコン

電源

(1)電源電圧:AC200/220/230V (特注による240V対応可能)
AC100V(オートクリーナ用 吸引機など周辺機器:ステップダウントランスで対応可能)
(2)電圧変動:基準電圧±10%以内
(3)周波数:50/60±1Hz
(4)消費電力:本体:12kVA(MAX)、周辺機器:1.5kVA(MAX)
(5)設置:電気設備技術基準第1種または特別3種の独立アース(接地抵抗10Ω以下)

周囲条件

(1)電源電圧:AC200/220/230V (特注による240V対応可能)
AC100V(オートクリーナ用 吸引機など周辺機器:ステップダウントランスで対応可能)
(2)電圧変動:基準電圧±10%以内
(3)周波数:50/60±1Hz
(4)消費電力:本体:12kVA(MAX)、周辺機器:1.5kVA(MAX)
(5)設置:電気設備技術基準第1種または特別3種の独立アース(接地抵抗10Ω以下)

周囲条件

(1)温度:動作保証温度5~40℃、性能保証温度5~35℃
(2)湿度:5~31℃まで:最大相対湿度80%、31~40℃まで:50%まで直線的に減少
(3)振動:周波数全域において複振幅20μmおよび0.098m/s2

ガス

ヘリウム:純度99.995%以上、圧力0.35MPa (装置本体より3m以内にてØ3/2mm SUS管取り合い)
窒素または乾燥空気:圧力0.40MPa (装置本体より5m以内にてØ6/4mm ナイロン管取り合い)

冷却方式

冷却水循環ユニット(別置きタイプ)

電子天秤

最小表示1~0.01mgまで接続可能 <オプション>

定電圧電源(AVR)

容量15kVA(入力電圧は注文時に指定)  
質量:130kg <オプション>

※EMGA-820はEMGA-920と基本性能は同じですが、るつぼローダが装備されておらず、オートクリーナとガズドーザがオプションです。

外形寸法図・他(単位:mm)

酸素・窒素分析装置 EMGA-920 外形寸法図(単位:mm)

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[大型連休にともなうお知らせ]
2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

関連製品

マーカス型高周波グロー放電発光表面分析装置(GDS) GD-Profiler2

rf-GD-OES(GDS)分析装置は、Arプラズマにより試料をスパッタリングさせ、スパッタされた原子を原子発光させることで、元素分析を行う、迅速かつ簡単な表面分析装置・深さ方向元素分析装置として、薄...

X線分析顕微鏡 XGT-5000WRシリーズ

高純度Si半導体検出器搭載。異物分析・故障解析から文化財・貴重品の元素分析、有害元素管理の分析まで1台で幅広く対応。

X線分析顕微鏡 XGT-7000V

10μmの革命!真空チャンバ(デュアル・バキューム・チャンバ)装備によりサンプル形態・分析目的に合わせ、分析環境を切替、軽元素の高感度分析が可能!高純度Si半導体検出器搭載。

X線分析顕微鏡 XGT-5000シリーズ

10μmの革命!X線を絞り込むX線導管が、観察・分析の世界を根底から変革します。異物分析・故障解析から文化財・貴重品の元素分析、有害元素管理の分析まで1台で幅広く対応。高純度Si半導体検出器搭載。