固体中炭素・硫黄分析装置 EMIA-Pro

概要

“誰でもPro”の分析を実現したスタンダードモデル

安定した分析を実現する基本機能 

特長

分析ナビ

分析アシスト機能
サンプル特有の分析時のノウハウを表示します。

分析手法ノウハウ集搭載
分析を行う上での注意点、最適な測定条件を導くためのノウハウを表示します。

操作手順をフローで表示
操作フローに沿ってオペレータが分析することで、高精度な分析をサポートします。

メンテナンスナビ

メンテナンス作業項目・手順・方法をナビゲーション。
作業手順を動画で確認できるため、誰でも・簡単に正しいメンテナンスを行え、安定した分析を実現します。

トラブルシューティングナビ

アラームから対処方法までナビゲーション。画像による解説つきで、誰でも・迅速に解決できます。ダウンタイムの短縮につながります。
 



面倒なメンテナンスも30分で完了!(弊社従来装置の場合: 60分)。さらに、新設計のメンテナンスナビで、どなたでも迅速・簡単・安全にメンテナンスができます。

  1. 分析効率を大幅に改善!
    外部クリーナーを用いない新クリーニング機構を搭載。分析後に発生するダストを効率的に排出することにより、清掃時間が半減しました。清掃時間を短縮したことで、試料準備後の待ち時間がなくなり、分析サイクルタイム(分析+自動清掃)70秒を実現。分析効率が大幅に向上しました。
  2. ノーメンテナンスで連続200回測定も可能!
    分析後に発生するダストが蓄積すると、リークが生じるなど分析精度劣化の原因となります。ダスト排出効率を高めた新クリーニング機構とダストが蓄積しにくい構造により、連続200 回分析時も炉内清掃なしで分析精度維持を実現しました。

 

標準規格

測定前

200回測定後

リーク圧

≤ 1.0 kPa

0.23 kPa

0.29 kPa

200回連続分析後もダスト蓄積が少ないため、リークが発生せずに分析精度が維持できています。


製造会社: HORIBA

仕様

EMIA-Pro

測定方式

酸素気流中 高周波加熱・燃焼、赤外線吸収法

標準試料質量

1.0 ± 0.10 g

測定サイクルタイム(平均)

1サイクル当たり約70秒

炭素

測定範囲(m/m)*

1.6 ppm - 6.0%

ブランク測定精度

σn-1 ≤ 0.8 ppm

硫黄

測定範囲(m/m)*

2.0 ppm - 1.0%

ブランク測定精度

σn-1 ≤ 1 ppm

精度
(再現性)

炭素

σn-1 ≤ 2.0 ppm またはRSD ≤ 1.0%

硫黄

σn-1 ≤ 2.0 ppm またはRSD ≤ 1.5%

ユーティリティ

キャリアガス

酸素(純度: 99.5%、供給圧力: 0.30-0.33 MPa)

駆動用ガス

窒素(純度: 99.5%、供給圧力: 0.35-0.38 MPa)

消費電力

200 / 220 / 240 V、50/60 Hz、5 kVA

外形寸法
[W×D×H]

装置本体

500 × 725 × 710 mm**

キャリアガス精製器
(オプション)

160 × 560 × 512 mm

装置質量

装置本体

約134 kg

キャリアガス精製器
(オプション)

約21 kg

制御用PC・データインタフェース

PC、データ通信: USBデータインタフェース、タッチスクリーン(オプション)・キーボード・マウスによる操作

装置型式

EMIA-20P: 炭素/硫黄
EMIA-21P: 炭素
EMIA-22P: 硫黄

*   試料質量を減らすことにより、上限を増やすことが可能です。
** 装置本体背面の配管および突起部(奥行: 79 mm)を除きます。

外形寸法図・他(単位:mm)

外形寸法(単位:mm)

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)