純水、半導体洗浄液、ボイラー水、水道水、地下水、河川水、雨水などのようにpH緩衝能が小さく、導電率も低いサンプルの測定は、pH指示値がふらつき安定しない、あるいは再現性がないなど非常に難しく、次のような問題が生じます。

  1. サンプルのpH緩衝能が極めて弱いために、pH応答ガラス膜のpHに対する応答が遅くなる。
  2. 同様の理由から、微量成分の汚染(測定容器、大気中の成分など)がサンプルのpHに影響を及ぼす。
  3. 比較電極の液絡部において、液間電位あるいは流動電位が発生しやすい。
  4. 比較電極から流出する内部液がpHに影響を及ぼす。

1. 流れ状態でサンプルを測定する(フロースルー式)

  • フローの測定系(セル)を作製する。
  • ガラス電極、比較電極(スリーブ形もしくはダブルジャンクション形)、温度補償電極を用いる。
  • セル全体をシールド箱の中に納めて測定する。
  • 比較電極がサンプルの流れの下流に位置するように配置する。
    (応答には時間がかかるため、指示値が安定するまでしばらく待つ必要があります。)

2. 清浄な密閉容器を用い、窒素またはアルゴンガスでパージする

  • ガラス電極、比較電極(スリーブ形もしくはダブルジャンクション形)、温度補償電極を用いる。
  • 外部からの電気的ノイズによる障害を受けやすいため、測定はシールド箱の中で行う。
  • 比較電極の内部液の影響を抑えるため、比較電極のスリーブをガラス電極の応答部 より下に位置するように配置し、サンプルをゆっくり攪拌する(300rpm程度)。
  • サンプルが空気に触れないようサンプル容器に密栓し、サンプル液面に窒素を吹き つけると、空気中の二酸化炭素の影響を抑えることができる。

 

[測定手順]

  1. ガラス電極を標準液で校正し、純水で洗浄する。
  2. サンプルを測定容器に注ぎ、電極を10分以上浸しておく。
  3. 測定容器と電極を新しいサンプル(2.とは異なる液)で共洗いする。
  4. 洗浄液の容器や電極はろ紙やティッシュペーパーなどで拭わず、ぬれたままでサンプルをゆっくり泡立てないように注ぎ、サンプルのpHを測定する。

3. 測定に適した電極を用いる

堀場製作所では、低導電率水・非水溶媒用に次の電極を用意しています。

低電気伝導率水・上水用pH電極 (型式:9630-10D)
ガラス応答膜の高純度化により水道水や100~150μS/cmの低導電率水での高速応答を実現。
専用のコンディショニングキットによりいつでも安心して素早い測定が可能。

イオン液体塩橋搭載pH電極 (型式:9600-10D)
新開発のゲル化イオン液体塩橋を採用しており、KClを出さずに液間電位差をより安定させ、低電気伝導率試料で正確で素早い測定が可能。

低電気伝導率水・非水溶媒用pH電極 (型式:6377-10D)
低導電率,低緩衝能の水溶液やアルコールなどの非水溶媒での応答性が優れた一本電極。液絡部は可動スリーブ形を採用。一般用としても使用可能。

4. pH電極をサンプル液にあらかじめ浸しておき、サンプル液で充分共洗いする

[測定手順]

  1. 標準液校正、純水洗浄。
  2. サンプルと同種の液に5分程浸しておく。
  3. サンプルの一部を用いて、共洗いする。
  4. サンプルのpHを測定する。
  5. 手順3.に戻る。

水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。