食用油

    HORIBAのDO計は水溶液中のDOを測定対象としているため測定できません。電極を破損させる原因になります。


    有機溶媒

    酸素透過性隔膜にコーティングが生じたり、劣化させたりするため測定できません。HORIBAのDO計は水溶液中のDOを測定対象としています。


    硫酸

    濃硫酸の場合は測定できません。


    フッ素イオンを含んだサンプル

    測定可能です。


    有機溶媒や油分を含むサンプル

    HORIBAのDO計は水溶液中のDOを測定対象としているため測定できません。


    亜硝酸還元剤は測定できますか?

    できません。


    粘性のあるサンプル

    HORIBAのDO計は水溶液中のDO測定を目的としているため、粘性の高いサンプルの正確なDO測定はできません。


    海水

    塩分濃度補正で海水に設定することができます。この場合、35ppt塩分濃度で補正を行います。


    電極センサチップを侵しやすいもの(電極寿命を短くするようなサンプル)はどんなものですか?

    電極は次の素材でてきているため、それを侵すものは避けてください。
    FEP、PVC、FKM、CR、NBR
    (現場浸漬用センサは、さらにSCS-14)


    測定時にサンプルのpH調整を行う必要がありますか?(強アルカリや強酸性溶液は測定できますか?)

    特に必要ありません。強アルカリや強酸性溶液の測定に問題はありません。ただし、液温は40℃以下に調節してください。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。