校正とはどういうことですか?

    校正とは、「標準器」、「標準試料」などを用いて「計測器」のあらわす値とその真の値との関係を求めること、また真の値と計測器の指示が一致するように調整することです。 備考:JIS Z8103


    標準液には何を用いますか?

    標準液(校正液)とは「計測器」を校正するために用いる濃度既知の液なので各イオン電極ごとによって異なります。通常、測定対象イオンを含む溶液を調製し、濃度が異なる既知濃度の標準液を2種類以上作成します。


    標準液の濃度はどのように設定しますか?

    1. 測定液の濃度があらかじめわかっている場合は、その濃度値を間に含むような濃度に設定してください。この場合標準液の濃度は高濃度の標準液に対して低濃度の標準液は1/10の濃度を目安としてください。
    2. 測定液濃度が不明な場合、高濃度の標準液と低濃度の標準液の濃度比は上記の場合よりも大きく選んでください。ただし、この場合電極の直線性、検出限界を越さないように注意してください。

    標準液の液温の設定はどのようにしますか?

    校正する場合、標準液の温度と、測定時の測定液の温度は同一にしてください。これはイオン電極、比較電極とも温度変化による起電力変化があるためで、測定液と標準液の温度差が大きくなるほど、測定値の誤差が大きくなります。


    校正時、標準液を入れるビーカーはどんなものを使えばよいですか?

    ビーカーは高さ25 mm以上、直径20 mm以上の清浄なものを使ってください。測定時に光の影響を受けるような電極を使用するときは、光を避けるため褐色のビーカーを使ってください。フッ化物イオン測定の場合はプラスチックビーカーを用いてください。


    校正時は、スターラーで攪拌しないといけませんか?

    必ずスターラーで緩やかな攪拌を行なって校正してください。緩やかな攪拌を行うことによって、応答性、安定性がよくなります。スターラーの発熱の影響を避けるため、恒温水槽または、スターラーとビーカの間に発砲スチロール板を挟んでください。


    次ページ 標準液の調整


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


    [大型連休にともなうお知らせ]
    2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。