校正はどの標準液ですればよいですか?

    pH7(中性リン酸塩)標準液(pH 6.86 at 25℃)をゼロ点とし、pH4(フタル酸塩)標準液(pH 4.01 at 25℃)またはpH9(ホウ酸塩)標準液(pH 9.18 at 25℃)でスパン校正をするのが一般的です。サンプルの液性が酸性と予想される場合は、pH4で、アルカリ性と予想される場合は、pH9でスパン校正をしてください。またサンプルのpHがより酸性、あるいはよりアルカリ性と予想される場合は、pH2(シュウ酸塩)標準液あるいはpH10(炭酸塩)標準液、場合によってはpH12(飽和水酸化カルシュウム)標準液などを使用してください。


    pH標準液の調製方法は?

    JIS Z8802 2011 pH測定方法を参照してください。

    標準液の値 標準液名 濃度
    pH2 (pH 1.68 at 25℃) シュウ酸塩標準液 0.05mol/kg 二しゅう酸三水素カリウム水溶液
    pH4 (pH 4.01 at 25℃) フタル酸塩標準液 0・05mol/kg フタル酸水素カリウム水溶液
    pH7 (pH 6.86 at 25℃) 中性リン酸塩標準液 0・025mol/kg りん酸二水素カリウム+0・025mol/kg りん酸水素二ナトリウム水溶液
    pH9 (pH 9.18 at 25℃) ホウ酸塩標準液 0・01mol/kg 四ほう酸ナトリウム(ほう砂)水溶液
    pH10 (pH 10.02 at 25℃) 炭酸塩標準液 0・025mol/kg 炭酸水素ナトリウム+0・025mol/kg 炭酸ナトリウム水溶液

    pH標準液の保存期間は?

    密閉、密栓したものは保存期間1年。標準液は使用するたび容器からビーカーなどに移し変えて使用し、一度小分けしたり移し変えたものは容器に戻したり、再使用したりしないでください。開栓したものは、目安としてフタル酸塩標準液および中性リン酸塩標準液は約6ヶ月、ホウ酸塩標準液は3ヶ月を目途としてください。特に、ホウ酸塩標準液および炭酸塩標準液のアルカリ性標準液は、空気中の二酸化炭素と反応してpH値が低下しやすいため、長期保存できません。


    pH標準液粉末を、水道水に溶かして標準液を作ってもよいですか?

    必ず純水(イオン交換水または蒸留水)を用いてください。水道水には、殺菌用の塩素などが含まれており、粉末を溶かしたときのpH値が保証できません。


    pH12標準液(飽和水酸化カルシウム標準液、あるいは0・1mol/l水酸化ナトリウム標準液)を堀場製作所で用意していないのはなぜですか?

    空気中の二酸化炭素により変化しやすく保存ができないため、使用するたびにお客様にて調整してください。強アルカリ性のため、目、皮膚などにつかないよう、使用、廃棄にもご注意ください。


    堀場のpH計は炭酸塩標準液では自動校正できませんか?

    カスタム標準液機能を使えば、炭酸塩標準液で自動校正ができる機種があります。計器付属の取扱説明書を参照してください。


    標準液の精度は?

    • 溶液タイプ(形式:100-2/100-4/100-7/100-9/100-10)・・・±0.02pH
    • 粉末タイプ(形式:150-4/150-7/150-9)・・・±0.05pH
    • 精密測定用標準液(形式:100-B4/100-B7/100-B9)・・・±0.003pH

    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。