校正不能や測定不能などの場合、電極に起因していることが多く、電極のチェックが必要です。
最近のpH計では、校正時の不斉電位と感度を自動的に表示しますが、旧機種をご利用の場合は下記方法で、チエックを行なってください。
pH7標準液の起電力値(mV表示値)とpH4(またはpH9)標準液の起電力値(mV表示値)との差を求めることにより電極の感度チェックができます。下記にその方法を記述いたします。

手順1 不斉電位チェック(±30mV以内)

pH計本体をmV表示に切り換え、pH7標準液の測定値を読む。
例) -7mV(pH7のとき)      ※JIS規格では±30mV以内が規定

手順2 応答性チェック(3分以内)

次にpH4の標準液の測定値を読む。
例) 157mV(pH4のとき)
またこのとき、値が安定するまでにどれくらい時間がかかるかチェックする(約3分)。

手順3 感度チェック(90%以上)

pH7・4での測定後、以下の計算をする。
理論的には1pHあたり、59.2mV(25℃)の起電力の差がある。
pH7(25℃でpH6.86)とpH4(25℃でpH4.01)では、2.85の差があるため
6. 86-4.01=2.85
2.85pH×59.2mV=169mV
の起電力差が発生しているため、実際の測定値と比較することにより感度チェックができる。
例)157-(-7)=164mV (pH7-4間で実測した起電力の差)
164/169×100=97% (電極感度)・・・・・・・90%以上かを確認。

以上の3つの項目について、管理すればOKです。
また、上記の例は液温25℃でのチェックです。他の温度のときは次の理論感度表および、標準液の温度特性表の値より計算してください。

各温度における理論感度表

温度(℃)

起電力(mV)

温度(℃)

起電力(mV)

0

54.20

50

64.12

5

55.19

55

65.11

10

56.18

60

66.10

15

57.17

65

67.09

20

58.17

70

68.09

25

59.16

75

69.08

30

60.15

80

70.07

35

61.14

85

71.06

40

62.13

90

72.05

45

63.13

95

73.05

pH7・pH4標準液の各温度におけるpH値

温度
(℃)

pH7

pH4

温度
(℃)

pH7

pH4

0

6.98

4.00

45

6.83

4.05

5

6.95

4.00

50

6.83

4.06

10

6.92

4.00

55

6.83

4.08

15

6.90

4.00

60

6.84

4.09

20

6.88

4.00

65

6.84

4.13

25

6.86

4.01

70

6.86

4.16

30

6.85

4.02

75

6.88

4.20

35

6.84

4.02

80

6.89

4.23

40

6.84

4.04



水質製品情報


コンパクトpH・水質計

コンパクトpH・水質計  
税抜¥22,000~

平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


ポータブルpH・水質計

ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


卓上型pH・水質計

卓上型pH・水質計  
税抜¥165,000~

ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


電極ラインアップ

電極ラインアップ 
pH・COND・ION・ORP・DO

測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。


[大型連休にともなうお知らせ]
2019年4月27日(土)より2019年5月6日(月)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。