温度補償とは何ですか?

    ガラス電極に発生する起電力とpH値との関係は直線的であり、温度によってその感度(pH当たりの起電力)が変化するのを補償するものです。


    温度補償と温度換算とは、どう違うのですか?

    溶液のpHは固有の温度特性を示します。この温度特性に従って測定した温度とは異なる温度でのpH値を求めることを「温度換算」と言い、温度補償とは測定温度におけるガラス電極(応答膜)の起電力変化を補償するものです。


    温度補償しているのに温度が変化するとpH値が変わるのはなぜですか?

    溶液のpHは固有の温度特性を示します。測定温度によりサンプルのpH値は変化します。また、ガラス電極の応答膜も温度により起電力が変化します。温度補償は、この温度変化による起電力変化のみを補償しているため、サンプル自体の温度が変化するとpH値も変化します。


    温度補償しているのに液温と液温表示が違うのはなぜですか?

    次の3点を確認してください。

    1. 温度センサがサンプルにつかっているか。
       (一本電極の場合温度センサは、かなり上部についています。)
    2. コネクターの差し込みが完全にできているか。
    3. 電源ONの状態でコネクターの差し込みを抜き25℃と表示されるか。
      (F、D-10,20,50,70・・・計器本体に異常がなければ25℃と表示されます。)

    温度補償電極の抵抗値はいくらですか?

    ラボ用pHメータはサーミスタ温度補償電極が使われています。

    サーミスタ温度補償(70シリーズ、50シリーズ/F-20/D-20用)抵抗:33.86KΩ at30℃


    温度補償機能のATCの使用法とその基準は?

    単に温度補償電極を接続し、ATCに設定してください。基準温度計が別途ある場合は、MTCで測定温度に設定してください。


    温度補償機能をMTCとATCに切り換えるとpH値が変化するのはなぜですか?

    温度補償は、温度による電極の感度を補正するためのものです。

    ATCの場合は測定温度、MTCの場合は設定温度での感度に補正したpH値を指示します。ATC測定温度とMTC設定温度が異なる場合は、切り換えによりpH値が変化します。また、サーミスタ自体のバラツキは±0.7℃程あり、回路を組み合わせると±1℃位になる場合があります。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。