pHとは何ですか?

    水溶液の性質(酸性・中性・アルカリ性)の程度を表す指標のことで、pH 0~14の範囲があり、

    • pH→0・・・酸性側
    • pH 7・・・中性
    • pH→14・・・アルカリ性側

    この性質を示す原因は、水素イオン濃度(Hの活量)によって決まります。


    pHとは何の略ですか?

    pHは水素イオン濃度をあらわしますが、pH=-log[H+]と言うように常用対数で示したものを「pH」と定義しています。そこで、「p」は数学上の「べき」をあらわすpowerの「p」をとり、「H」は水素のHydrogenの「H」となります。「pH」という記号になります。


    pHの読み方は?

    JIS規格では「ピーエッチ」と統一されていますが、一般的には、「ペーハー」、「ピーエッチ」のどちらの読み方でも使われています。最近は、英語読みのピーエッチが多いようです。


    原器(基準器)はあるのですか?

    原器(元となるもの)そのものはありません。標準液による校正が基準となります。標準液の基準は、国際規格ISOともつながりを持って、一次pH標準液(計量標準総合センター)に基づくトレーサビリティ体系となっています。実用上には、JIS規格の製造法によります(JIS Z8802)。


    型式0、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲとは何ですか?

    JIS Z8802に規定されている性能(繰返し性)によって4形式あります。

    • 0:標準液での繰返し性が±0.005 pH以内のもの    直線性:±0.03
    • Ⅰ:標準液での繰返し性が±0.02 pH以内のもの     直線性:±0.03
    • Ⅱ:標準液での繰返し性が±0.05 pH以内のもの      直線性:±0.06
    • Ⅲ:標準液での繰返し性が±0.1 pH以内のもの        直線性:±0.1

    一本電極と複合電極は何が違いますか?

    一本電極とは、「比較電極」、「ガラス電極」、「温度電極」からなり、pHと温度測定ができます。複合電極とは、「比較電極」、「ガラス電極」からなりpHの測定のみができ、温度測定はできません。温度補償をする場合は、別途温度電極を接続するか、マニュアル温度補償で温度を入力する必要があります。


    個別のガラス電極を使用する場合何を用意すればよいですか?

    個別のガラス電極と比較電極を準備する必要があります。また、温度補償をする場合は温度電極が別途必要になります。なお、個別電極を使用する場合は、それらの使用が可能なpH計本体(F-70シリーズなど)が必要となります。

    *D-70、
    50、D-20本体では使用することはできません。


    電極はどこまで液につければよいでしょうか?

    比較電極の液絡部の部分まで浸ける必要があります。電極によって異なりますが、先端からおよそ3cm程度浸けてください。一本電極では、温度センサ部まで浸漬する必要があります。


    比較電極内部液の補充口は測定中にあける必要がありますか?

    pH測定を正しく行うためには、比較電極内部液が液絡部から試料側にわずかに流出しなければなりません。この流出のために補充口を開放し、ヘッド圧を利用する必要があるため、基本的には補充口を開けて測定してください。ただし、9625-10Dにおいて没水測定を行う際には、内部液を満タンにして補充口を閉めて、サンプルに浸漬して測定することができます。この場合、0.1pH程度の精度となります。


    電極の先端のキャップは、付けたまま測定できませんか?

    使用できません。pH測定は、応答膜(ガラス電極)と液絡部(比較電極)とがサンプルに接していなければ測定できません。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。