マニュアル測定とオートホールド測定での値が違うのはなぜですか?

    10秒間で1mV以下の変化率のとき、自動的に値をホールドする機能がオートホールドであるため、電極の応答が遅いときにはマニュアル測定とは少し値が変わることがあります。ホールドのタイミングを切り替えることができる機種もあります。


    計器再現性における±0.01pH±1digitとは?

    たとえばpH10.00の場合。まず、±0.01pHにより9.99~10.01。さらに±1digitにより9.98~10.02。よって無条件で±0.02の可能性があります。


    同機種の2台で指示誤差が生じるのはなぜですか?

    マニュアルで校正(充分安定した時点での校正)をして指示誤差が生じた場合、電極間の性能差によると考えられます。つまり①どちらかの電極の汚れ、あるいは劣化、②比較電極における液間電位(内部液KClとサンプルの組成が異なる場合、その間で生じる電位のこと)の差、③標準液の変質、と考えられます。対策としては、汚れに応じた洗浄および標準液の確認を行なってください。それでも指示誤差がでる場合は、電極交換をお勧めします。


    同じサンプルを複数の拠点で測定した際に値が一致しないことがあるのはなぜですか?

    拠点間の測定環境の違いによるサンプルの測定温度差が要因として考えられます。サンプルの温度が違うとpH値も変わります。pH計にはサンプルの温度によりpH値を補正する機能(温度換算機能)がついているものがありますが、より正確に測定するためには、温度換算機能を使用せずに恒温水槽などを使用し、サンプル・容器・電極・温度計を同時に同じ温度へ調節して測定する必要があります。サンプルをゆっくり撹拌すると温度が均一になります。恒温水槽をお持ちで無い場合、または恒温水槽の温度変動が許容範囲外である場合は、サンプル・容器・電極・温度計を同時に加熱または冷却した後に室温でゆっくり温度変化させて、所定の温度で測定してください。


    水質製品情報


    コンパクトpH・水質計

    コンパクトpH・水質計  
    税抜¥22,000~

    平面センサに滴下するだけ。ビーカいらずでどこでも誰でも簡単測定。


    ポータブルpH・水質計

    ポータブルpH・水質計  税抜¥59,000~

    片手で使いやすく持ち運びもコンパクトで簡単。衝撃に強い、防水・防塵構造。


    卓上型pH・水質計

    卓上型pH・水質計  
    税抜¥165,000~

    ハイエンド卓上型。タッチパネルとナビゲーションでストレスフリーな操作を実現。


    電極ラインアップ

    電極ラインアップ 
    pH・COND・ION・ORP・DO

    測定項目、試料、アプリケーションに応じた電極ラインアップをご紹介。