Managing | 運行管理

運行管理

HORIBA FLEET LINKAGE 詳細はこちら

IoT技術により交通社会に貢献

IoT技術を活用したデジタルタコグラフおよびドライブレコーダでリアルタイムに車両状況を管理すると同時に、映像を含む膨大な運行情報をクラウドサーバで一元管理します。ログインするだけで、いつでもすぐにクラウドサーバで、車両の運行状況を確認することができます。また、安全運転レポートを手間暇かけることなく、自動作成することができます。日常の運行管理において、皆さまの業務効率アップにお役立てください。

関連製品
ドライブレコーダー機能付デジタルタコグラフ DRT-7100

録画機能に加え、総合運行管理システムを用いた運行データの一括管理、多拠点・複数部門間でのスムーズな情報共有が可能です。一旦停止、法定速度遵守などドライバの挙動を確認でき、安全運転管理に最適です。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

デジタルタコグラフ DRT-7500

安全運転管理や燃費向上も期待できるデジタルタコグラフ。車両の運行状況を正確に記録し、日報出力などが可能です。通信機能つきの機種を選択すれば、運行終了時にデータを自動的にサーバへアップロード。効率的にデータを収集できます。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

ドライブレコーダー DRT-7300

通信機能内蔵タイプもラインナップしたドライブレコーダ。事故やヒヤリハット映像を記録し、危険因子を把握することで、事故を未然に防ぎ安全意識の向上へとつなげます。社有車の運行管理にも最適です。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

運行管理システム DR-2500 メインユニット

ワイヤレスで便利なIoT技術搭載のドライブレコーダです。クラウドサーバに運行データを自動的にアップロードします。モバイル端末対応で、ブラウザで簡単にメンテナンスを行うこともできます。

カタログダウンロード

製品詳細ページ

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)