モビリティ開発で世界をリードするエンジニアリングサービスと開発拠点を提供

車両エンジニアリング
Vehicle engineering consultancy

車両開発プロセス全般に高度な専門性を有しており、世界をリードする数多くの自動車メーカーから厚い信頼を得ています。
車両エンジニアリングチームは、世界の自動車産業界の顧客に高度で柔軟性に富んだエンジニアリングサービスをご提供します。

  • 設計
  • 安全性
  • 乗り心地と操作性
  • 騒音・振動・ハーシュネス(NVH)
  • 制動性
  • 耐久性
  • フルード
  • 熱対策

テストエンジニアリング
Test engineering services

世界の自動車産業をリードする車両の設計、テスト及び認証において要求される包括的で独立した試験設備並びにエンジニアリング能力をもってお客様の様々なニーズにお応えします。
世界最新の自動車専用テクノロジーパークは、37を超える多様な試験設備を保有しており、包括的なテストと検証のソリューションを提供しています。

  • 安全開発
  • 車両環境
  • 部品環境
  • 電磁両立性(EMC)と電子部品
  • エアロダイナミクス
  • 証明と認証
  • 試験設備開発

テクノロジーパーク
Technology Park

テクノロジーパークは、英国の自動車産業の中心に位置しており、自動車メーカーや主要部品メーカーに世界で類を見ないユニークかつ最適な研究開発環境をご提供しています。

  • 世界が認める自動車研究開発の中核拠点
  • 英国政府指定のエンタープライズゾーン5年間の事業税(固定資産税)免除
  • 熟練エンジニア及び技術者が豊富な地域に立地
  • 広範なサービス産業及びインフラが存在
  • 自動車試験及び開発に向けて投資された3億ポンド(540億円)を超える資産の活用
  • 30を超える車両メーカー及び主要部品メーカーがすでに立地し、本格的なテクノロジークラスタが存在
  • 顧客自身の研究開発拠点設立に向けた、低リスクな選択肢を提供(一時利用のサービスオフィスやワークショップ併設事務所物件など)

HORIBA MIRA 概要

1946年設立

600名のスタッフ

37を超える主要試験設備

全長62マイル(100km)に及ぶテストコース

モビリティ開発の中核拠点

自動車開発における先進技術をサポートする専門的サービス

機能安全 - ISO26262

機能安全とは、システム安全エンジニアリングの一部であり、今日の自動車に欠かせない、複雑で高度に統合された電子システムの機能不全防止対策に関わるものです。
我々の機能安全に係る専門家はISO26262 策定に直接関与しており、この規格の解釈と適用にあたって、独立した公平なアドバイスが提供できる立場にあります。
サービスには下記が含まれます:
● 安全関連規格で求められている機能安全トレーニング及び教育
● これらの規格の要求事項実施に係るプロセス監修、改善及びサポート
● これらの規格の要求事項一括実施
● 機能安全アセスメントに関する独立した査定業務と確認業務の審査及び検証業務の審査

インテリジェントモビリティ

安全で信頼性が高く環境に優しい交通システムの必要性はかつて無いほど高まっています。これらの地球規模の交通システム維持に向けた課題解決のために、比類ない車両エンジニアリングの知見と、先進の都市交通網試験施設を活用しています。自動車産業分野の顧客が、インテリジェントカーやコネクテッドカー及びそれらシステムの試験、実証並びに開発を支援することで、将来の人々の移動がより安全で、効率的で便利になるように最善を尽くしています。

サイバーセキュリティ

自動車の電気システムは急速に複雑化し、自動化アプリがより広く普及しつつある中で、サイバーセキュリティは自動車産業界の大きな関心事となっています。ハッキングされた自動車が関連した重大事件について、最近メディアで数多く報道され始めたことも、この問題への認知度を高めてきました。
自動車メーカーが、安全な環境下における既存のプラットフォームの潜在的な脆弱性を特定し試験するサポートを行います。開発初期のコンセプト段階の車両に、サイバーセキュリティ設計を組み込んで整合性を高めるための提案も行います。