硫黄分析装置 MEXA-1170SX

紫外蛍光(UVF)法により、排ガス中の硫黄化合物を広範囲に連続ダイレクト測定します。サンプリングポイントから検出器までを加熱するWet測定で、高速応答を実現します。サンプリングポンプを内蔵したコンパクト設計により、省スペースで測定が可能です。

カタログダウンロード

概要

紫外蛍光(UVF)法にHORIBA独自の技術を組み合わせ、SO2※1・TRS※2同時測定モードとTS※3測定モードを実現。1台で多彩な研究目的に対応できます。SO2/TRS同時測定モードは、排ガスの異臭源となるTRS(H2S※4等)成分の生成メカニズム研究に、TS測定モードは硫黄トレースによるオイル消費率計測に最適です。サンプリングポイントから検出器までを加熱することにより完全Wet測定を実現しています。また、装置の小型化、省エネルギー化により、計測室への設置が容易になりました。

※1 SO2:二酸化硫黄
※2 TRS:全還元性硫黄(Total reduced sulfur)
※3 TS:全硫黄(Total sulfur)
※4 H2S:硫化水素

特長

  • アプリケーション

    • 触媒における硫黄成分の挙動調査
    • 硫黄をトレーサとしたオイル消費率計測

  • 低濃度・ワイドレンジに対応、高速応答を実現。
    UVF法にHORIBA独自の技術を組み合わせ、ワイドレンジを達成すると同時に干渉影響を最小限に抑えています。
    また、サンプリングポイントから検出器までを加熱することで完全Wet測定と高速応答を実現しました。

    ■触媒におけるTRS生成(燃料噴射による触媒再生)
    触媒におけるTRS生成(燃料噴射による触媒再生)
  • 省スペース、省エネルギー設計。
    当社従来比にて約50%の省エネルギー化を実現。また、同時に1ラックに操作系、検出器部、加熱前処理サンプリングを内蔵し、小型化を同時に実現しました。
  • MEXA-7000からの一括オペレーションが可能。
    硫黄分析計として単体での使用はもちろん、MEXA-7000シリーズの分析計の一つとしてコントロールユニット(MCU)から一括オペレーションが可能です。(オプション)

測定原理

●SO2・TRS同時測定モード
SO2・TRS同時測定モード図

Det. 1

Det. 2

Calc.

SO2 +TRS

SO2

SO2+TRS

Det. 2-Det. 1=TRS

●TS(Total sulfur)測定モード
TS(Total sulfur)測定モード図


製造会社: HORIBA

仕様

■装置構成

測定原理

紫外蛍光(UVF)法

測定成分

SO2・TRS測定モード
SO2:SO2ガス
TRS:全還元性硫黄化合物ガス(TRSは差量法による)
TS測定モード
TS:気相およびPM中の全硫黄化合物
(SO2・TRS測定モードとTS測定モードは切り替え)

測定範囲

SO2・TRS測定モード
SO2:0-20〜100 ppm/0-200〜2000 ppm
TRS:0-20〜100 ppm/0-200〜2000 ppm
(SO2・TRSのレンジは連動)
TS測定モード
TS:0-10〜100 ppm/0-200〜2000 ppm

入出力形式

●液晶画面表示
●レコーダ出力(アナログ):0-1 V/0-10 V(いずれかを注文時指定)
●ホスト通信:RS232C・LAN(AKプロトコル)
●MEXA-7000シリーズとの通信(オプション):コントロール
ユニット(MCU)に接続可能

設置環境

●周囲温度:5〜35℃
●湿度:相対湿度80%以下
●動力装置等の振動が伝わらないこと
●エンジン等からの輻射熱、空調用の風を避けること

■装置構成

電源

AC 100/110/115/120/200/220/230/240 V(±10%、ただし最高250 V)、50/60 Hz(±0.5 Hz)、単相
(注文時に電圧指定、納入後は変更不可)

電源容量

電源投入直後:約3.0 kVA
安定運転時:約2.0 kVA

外形寸法

570(W)×850(D)×1190(H)mm

質量

約200 kg

■機能および性能

サンプルライン
応答速度
(T90)※1

サンプルガス入口にてN2_SO2切り替え、流量5.0±0.2 L/minにて
サンプルライン長 10 mにて
SO2・TRS測定 SO2:T90 4.5秒以下 Td 5.0秒以下
TS測定 TS:T90 4.5秒以下 Td 5.0秒以下

再現性

SO2・TS:フルスケールの±1.0 %以内

直線性

SO2・TS:フルスケールの±1.0 %以内

ドリフト※2

周囲温度変化±5℃以内にて
SO2・TS:フルスケールの±2.0%以内/8時間

TRS演算誤差
(過渡応答時)

TRS演算結果としてフルスケールの±10 %以内
(校正ガス入り口にてN2_SO2 100ppm切り替え、流量5.0 L/min)

※1:T90は、0.5%応答から90%応答までの時間を表します
※2:測定後は、汚れにより指示差が大きくなる場合があります。この場合は、分析計を充分パージしてください。

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)