自動車排ガス測定器 MEXA-584L

非分散赤外線吸収(NDIR)法により、自動車テールパイプからアイドリング時の排ガス中のCO、HC、CO2、A/F、λ値を簡単かつ精度よく測定します。オプションでO2センサやNOセンサがあり、またエンジン回転・オイル温度も測定できます。

カタログダウンロード

概要

MEXA-584LMEXA-584Lは、ポータブルな自動車排ガス測定器として定番の一台。大型液晶パネルと簡単操作で非分散赤外線吸収(NDIR)法による高精度な測定が手軽にできます。
国土交通省自動車検査用機械器具技術基準に適合、国際法定計量条約ISO 3930/OIML R99(2000)のクラス0に準拠。ガソリン二輪車およびガソリン・LPG四輪車を対象に、アイドリング時排ガスの簡単手軽な測定環境を提供します。

特長

  • ツースピードアイドルテストに対応可能。(オプション)
  • 軽量・コンパクト
  • 自己診断機能を装備し、シンボルマークでわかりやすく表示。
    自己診断機能を装備し、シンボルマークでわかりやすく表示
  • RS-232Cによるデジタル入出力に対応。
    (測定データの集中管理にも対応可能)
    RS-232Cによるデジタル入出力に対応
  • 校正も簡単操作!
    校正も簡単操作!

測定項目

測定項目

操作の簡単さはそのままに、各種規格に準拠!

  • RS-232Cによるデジタル入出力を装備し、測定データの集中管理が可能。
  • 扱い易い小型軽量のサンプリングチューブを採用。
    扱い易い小型軽量のサンプリングチューブを採用
  • ドレンセパレータ(オプション)により、サンプル中の水分の分離能力を向上。水による分析部へのダメージを排除。
    イメージ

製造会社: HORIBA

仕様

適合型式

MX-022 類別A

型式認定番号

INS CO・HC-13

適合規格

自動車検査用機械器具技術基準適合
CE適合、FCC適合 ISO 3930/OIML R99(2000) class0 準拠*1

測定対象

ガソリン二輪車、ガソリン・LPG四輪車の排ガス(アイドリング時)

測定原理

CO・HC・CO2:非分散赤外線吸収(NDIR)法
空燃比(AFR)、λ(LAMBDA):
標準 カーボンバランス法
O2計接続時(ブレットシュナイダ法(O2センサの場合)カーボンバランス法)いずれかを指定

測定成分・
表示成分

[標準測定成分]
CO:0.00〜10.00% vol
HC:0〜10,000ppm volまたは0〜20,000ppm vol*2
(ノルマルヘキサン換算)
CO2:0.00〜20.00% vol
AFR: 10.0〜30.0
LAMBDA: 0.000〜9.999
[追加表示成分(外部入力オプション)]
O2:0.00〜25.00% vol
NO:0〜5,000ppm vol
エンジン回転(RPM):0〜9,990rpm(精度保証範囲は200〜6,000rpm)
オイル温度(TEMP):0〜150℃

表示

液晶画面表示(モノクロ、320×240dot)

外部入出力

デジタル入出力(RS-232C(標準)またはRS-485)*3
プリンタ出力(RS-232C)

校正ガス

専用ボンベ
(CO・C3H8・CO2混合、およびNO(NOセンサ接続時のみ)

設置環境

周囲温度:0〜45℃(OIML準拠の場合、5〜40℃)
湿度:相対湿度90%以下
気圧:80〜106kPa

電源*4

AC100〜240V、50/60Hz、単相

消費電力

安定時 約90VA

外形寸法

260(W)×357(D)×157(H)mm(オプション除く)

質量

約4kg(オプションは除く)

応答速度*5、*6

CO、HC、CO2:Td+T95として15秒以下

再現性*6、*7

CO:0.01% vol以内、または指示値の1.7%以内(大きい方の値)
HC:3.3ppm vol以内、または指示値の1.7%以内(大きい方の値)
CO2:0.17% vol以内、または指示値の1.7%以内(大きい方の値)

暖機時間

5分

■特記事項
*1:一部項目は除きます。詳細についてはお問い合せください。
*2:HC 20,000ppm vol仕様の場合、表示分解能は、0〜4,000ppm vol時に2ppm vol、4,000〜20,000ppm vol時に10ppm volとなります。なお、この20,000ppm vol仕様は型式認定対象外です。
*3:RS-485をご使用になる場合は、別途見積もりが必要となります。USB形式での外部出力が必要な場合は、RS-232CをUSBに変換する市販のコンバータをご利用ください。
*4:DC電源にてご使用になる場合は、DCをACに変換する市販のインバータをご利用ください。
*5:本仕様書における応答速度・再現性・暖機特性・ドリフト・電源電圧変動影響は、いずれもCO 0.5% vol付近、C3H8 200ppm vol付近、CO2 14% vol付近、およびNO 200ppm vol付近の標準ガスを使用した際の値で表されています。
*6:応答速度は、プローブを取り付けた状態で、サンプル入り口にてガスを切り替えたときの値です。
*7:再現性は、20回の繰返し測定値の標準偏差です。

オプション

  • O2センサ(電気化学セル法)
  • NOセンサ(電気化学セル法)
  • エンジン回転センサ
  • 油温センサ
  • シリアルプリンタ
  • プリンタケーブル(1.5m)
  • RS232C入出力ケーブル(長さ2.5/5/10m)
  • アナログ出力用基板(0〜1V出力用)
  • プローブ(Ø6/4mm、銅製パイプ)
  • ドレンセパレータ(外付けタイプ)

 

プリントアウト例

プリントアウト例

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)