FTIR法エンジン排ガス測定装置 MEXA-ONE-FT

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の手法を組み合わせ、エンジン排ガス中の最大28成分の濃度を同時に連続測定します。ディーゼルNOx後処理システムの評価にも対応します。オプションモジュール搭載により、THC、O2の測定も可能です。

カタログダウンロード

概要

最新規制対応の多成分連続測定装置

MEXA-ONE-FTシリーズは、フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の手法を組み合わせ、エンジン排ガス中に含まれる窒素酸化物やCO・CO2などの多成分濃度を連続で測定する装置です。
HORIBA独自の高性能小型干渉計を採用し、高精度を保証します。
また、“HORIBA ONE PLATFORM”採用により、使いやすさと拡張性・柔軟性を実現しました。EUにおける重量車エンジンの排ガス規制Euro ⅥのNH3試験方法に準拠しています。

アプリケーション

  • Euro VI 対応 (MEXA-ONE-FT-E)

NH3の応答時間(t10-90):5秒以内 サンプリング温度:191℃

  • NO, NO2, N2O, NH3 など最大28成分の濃度を同時に連続測定

・アルコール燃料(バイオ燃料)の研究
・NOx後処理システムの開発
・温室効果ガス(GHG)の計測

  • 認証用途にも開発用途にも使用可能

MEXA-ONEシリーズ(排ガス認証対応機種)と組み合わせることで、
従来規制成分に加えNH3、さらに他の未規制成分の同時測定を実現
オプションモジュール搭載で、THC・O2も測定可能

統合計測プラットフォーム搭載

MEXA-ONE-FTシリーズをはじめとするHORIBA ONEシリーズ製品には、今後のシリーズ展開を前提とした共通のプラットフォームを採用。複数の排ガス測定装置の制御・管理をひとつのコントローラに統合し、優れた操作性を提供します。

 


製造会社: HORIBA

仕様

製品概要

型式

標準 : MEXA-ONE-FT
Euro VI 対応 : MEXA-ONE-FT-E

適合規格

CE, FCC, KC

測定対象

自動車エンジンからの排ガス(ダイレクト測定)

アプリケーション

各種エンジンの排ガス性能試験
ディーゼルNOx後処理システムの評価

測定成分・レンジ*1

最大28成分 
ガソリン・ディーゼル車用成分セット(18成分+「NO+NO2」)
CNG車用成分セット(16成分+「NO+NO2」)

測定原理

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法

入出力形式

液晶画面表示(17インチモニタ)
ホスト通信:LAN

サンプルライン温度

MEXA-ONE-FT : 113 ± 6ºC
MEXA-ONE-FT-E : 191 ± 6ºC

サンプルガス流量

MEXA-ONE-FT : 4.0 ± 0.5 L/min
MEXA-ONE-FT-E : 14 ± 1 L/min

設置環境

使用環境温度:15~35℃ 
湿度:相対湿度80%以下

 装置構成

液体窒素

1回あたりの補給量:約500 ml( 蒸発分含む)
標準保持時間:10時間以上(年に1回、デュア真空引き要)

電源

下記のいずれか(注文時に指定)
・ AC 100±10 V、50/60±1 Hz、単相
・ AC 110±11 V、50/60±1 Hz、単相
・ AC 115±11.5 V、50/60±1 Hz、単相
・ AC 120±12 V、60±1 Hz、単相
・ AC 200±20 V、50/60±1 Hz、単相
・ AC 220±22 V、50±1 Hz、単相
・ AC 230(207~250) V、50±1 Hz、単相
・ AC 240(216~250) V、50±1 Hz、単相

電源容量

電源投入直後:最大4.0 kVA 
安定時:最大3.0 kVA

外形寸法

655(W)×855(D)×1970(H) mm(突起物を除く)

質量

約460 kg

性能

ゼロノイズ*2

フルスケールの0.5~2%以下(成分による)

応答時間*3
(t10-90)

MEXA-ONE-FT : 5秒以内(N2→CO 200 ppm切り替え時)
MEXA-ONE-FT-E : 5秒以内(N2→NH3 200 ppm切り替え時)

再現性 *4 *5

フルスケールの1.0%以内

ゼロドリフト・
スパンドリフト*4 *5

フルスケールの1.0%以内/8時間

暖機時間

装置主電源導入より2時間以内

オプション

サンプルラインの切り替え器

8ライン

アナログ出力ボード

アナログ出力: 0-10V、
最大16チャンネル(出力成分は任意に設定可能)
専用ケーブル (最大. 15m)

ホスト通信ケーブル

LANケーブル

NH3計測用フィルタエレメント

シリカ繊維(φ19.6 mm x L90 mm)

THC計測

測定原理:加熱型水素炎イオン化法(HFID)
測定レンジ:0-10 ~ 0-60000 ppmC

O2計測

測定原理:磁気圧法(MPD)
測定レンジ:0-1 ~ 0-25 vol%

液体窒素自動供給装置

最大貯蔵量:約12 L
保持時間:120時間以上(デュア真空度による)
その他詳細は、別途ご相談ください。

* 1 : 発注時に選択
*2 : ゼロノイズは、濃度指示値の標準偏差の2倍で表しています。
*3 : サンプルプローブ(0.3m)、加熱フィルタ、加熱導入管(10m)を使用し、サンプルラインに明らかな汚れがない状態にて。
*4 : 上記数値は、CO200 ppm・CH4 500 ppm・C2H6 500 ppmにて確認した値です。
*5 : 上記「スパン点」の性能は、レンジフルスケールの80%以上の濃度のスパンガを用いた場合の値です。

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)