HORIBAの環境適合設計

長寿命や省エネルギーなど、ライフサイクルを考慮した製品を社会に送り出すために、社内基準をクリアした製品を環境適合製品と位置づけ、新製品開発時に適用しています。昨今のエネルギーコスト上昇などの社会情勢を踏まえ、特に省エネルギーや省資源といったテーマについては定量評価を実施し、従来機種比25%以上の削減率を目標とした環境適合設計を行っています。


堀場製作所 環境適合製品

FTIR法エンジン排ガス測定装置 FTX-ONE-CS

FTIR法エンジン排ガス測定装置 FTX-ONE-CS

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の手法を組み合わせ、エンジン排ガス中に含まれるCO・CO2・窒素酸化物などの最大28成分の濃度を、連続かつ高速で測定する装置です。
世界最小の高性能小型ガスセル※1を開発したことにより、低流量で高精度なリアルタイム計測が可能となりました。設置面積・重量も従来比約1/2とコンパクトになり、ラボ内でのレイアウトの自由度やメンテナンス性が向上しました。
ラボでの使用においては、待機電力を8.3%削減、また、駆動部の制御に使用されているレーザーの交換回数が減少し、寿命が従来製品より67%向上したことで、省エネ・長寿命を実現しました。

※1 2018年5月当社調べ


堀場エステック 環境適合製品

マスフローコントローラー SEC-Z700S

マスフローコントローラー SEC-Z700S

半導体デバイスの製造プロセスでは多くの種類のプロセスガスが用いられています。SEC-Z700Sはそのプロセスガスの質量流量を計測・制御する装置です。半導体デバイスの微細化や多層化に伴い、より高度なプロセスガスの制御が求められています。本製品は流量精度の改善や製品ごとのバラツキ低減、応答速度高速化などを実現し、半導体デバイスの性能向上に貢献しています。

本製品が使用される半導体工場では、わずかなゴミの付着も許されません。従来は、使用部品の加工会社における洗浄によるゴミ除去の後、部品が大気にさらされゴミが付着する可能性があったため、社内納入後に再度社内で部品の洗浄を行っていました。本製品では加工会社で部品を精密洗浄した後すぐにクリーン梱包(大気にさらされない特殊な梱包)をすることで、その後ゴミが付着することがなくなり、社内納入後の洗浄工程が不要となりました。これにより、製造工程における省エネルギー化と工数全体の短縮に貢献。製造コストの削減にもつながりました。


堀場アドバンスドテクノ 環境適合製品

油分濃度計用抽出溶媒 H-519

油分濃度計OCMA(オクマ)シリーズは、各種工場排水中の油分確認や、部品・配管中の残留油分の確認、船舶からのバラスト水などの排水監視、土壌中の油分分析などに幅広く活用されています。
油分濃度計使用時に必要となる油分抽出溶媒の新製品 H-519は、揮発性がほとんどない油分抽出溶媒です。従来品では年間標準使用量15L※1のうち、使用時に約5.6Lが蒸発によって失われていたものを、約0.2Lにまで削減し、ランニングコストの低減に貢献。成分についても、モントリオール議定書※2に非該当(規制対象外)であり、環境負荷の低減も併せて実現しました。

※1:1日1サンプルの測定と校正作業を実施した場合の目安量。
※2:「オゾン層の保護のためのウィーン条約」に基づき、オゾン層を破壊するおそれのある物質を指定し、これらの物質の製造、消費および貿易を規制することを目的とし、1987年にカナダで採択された議定書。

おもしろおかしく

HORIBAグループの社是は「おもしろおかしく」。この社是には、人生のもっとも活動的な時期を費やす仕事にプライドとチャレンジマインドを持ち、エキサイティングに取り組むことで、人生の満足度を高めて欲しいという願いが込められています。

One Company Song Joy & Fun

HORIBAは2013年に創立60周年を迎え、世界中の社員が歌える歌を制作しました 。「One Company Song」と名づけられたその歌を世界中のホリバリアン(HORIBA社員)が歌うことで、国籍や文化の違いを超え、心をひとつにしたいというおもいが込められています。