HORIBAは経営トップによる「こころとからだの健康づくり宣言」、「HORIBAグループ安全宣言」のほか、OHSAS18001(労働安全衛生)を含む、統合マネジメントシステムの柱の1つとして「こころとからだの健康を大切にし、明るく活気ある安全な職場づくりを推進する」を掲げ、グループ全体で労働安全衛生向上のための積極的な活動を展開しています。

※掲載内容は発布日時点の情報です。

「こころとからだの健康づくり」宣言
(2012年5月7日)

HORIBAグループは社是「おもしろおかしく」のもと、従業員一人ひとりが生きがい、働きがいを持ち、充実した人生を過ごすために、こころとからだの健康を大切にし、明るく活気ある職場づくりを推進することを宣言する。

株式会社堀場製作所
代表取締役会長兼社長
堀場 厚


「こころとからだの健康づくり」に関する行動指針
(2012年5月7日)

HORIBAグループは“こころとからだの健康づくり”宣言を具現化するために、倫理綱領、安全衛生規程、健康管理規程等に準拠した「3つの予防」と「4つのケア」に取り組む。

■「3つの予防」を推進する

【一次予防】 心身の健康増進と病気やケガの発生予防を目指す。HORIBAグループ独自の取り組みやイベントを通じてコミュニケーションを活発にし、活力ある職場づくりを推進する。
【二次予防】 病気やケガを早期に発見し、早期治療や重症化予防のための措置を行う。健康保険組合や社外提携機関とも連携して、教育を実施し、安心して相談できる体制を整備する。
【三次予防】 不幸にして病気やケガが発生した場合、職場や社内外の健康管理スタッフは守秘義務を遵守し、業務復帰後の再発予防にとどまらず、本人と職場の不利益が最小限となるよう総力を結集して取り組む。
【PDCA】  社内健康増進部署はグループ安全衛生会議と連携して中期目標を設定し、一次予防、二次予防、三次予防のためのアクションプランと効果測定指標を策定する。効果測定指標の到達度を評価して、新たなアクションプランに反映する。

■「4つのケア」を強化する

【セルフケア】従業員一人ひとりが自らの健康・ストレス状態に注意を払い、不調時は迅速かつ適切に対処する。
【ラインケア】 上司は、自由闊達でムリ・ムダ・ムラのない職場環境整備に注力し、日ごろから部下や関係者の就労状況、健康状態に目を配って不調者の早期発見に努める。
【社内の健康管理スタッフによるケア】社内の健康管理スタッフは、必要な情報やアドバイスを提供してセルフケア、ラインケアを促進するとともに、従業員一人ひとりの健康増進を支援する。
【事業場外の専門家によるケア】EAPサービスなどの社外専門機関と連携し、健康づくりや生活上のトラブル解決に必要な情報やアドバイスを従業員一人ひとりが守秘義務のもと気軽に利用できる体制を整える。
【ワークライフバランス】“こころとからだの健康”は、職場のみならず家庭や地域等を基盤とするものである。「4つのケア」を強化するとともに従業員一人ひとりのワークライフバランスを支援し、適宜ご家族と連携して健康づくりに取り組む。

株式会社堀場製作所
常務取締役
グループ安全衛生会議議長
佐藤 文俊


HORIBAグループ安全宣言

HORIBAグループ安全宣言
(2013年4月1日)

〈基本的な考え方〉

私たちは事業活動のすべての面で人の安全確保を最優先し、製品の安全性の確保にも努めている。HORIBAグループの役員・従業員・協力会社の従業員は、利益や納期等がいかに重要であっても「安全」を常に最優先して行動する責務がある。

〈行動方針〉

私たちは、次の方針に基づき行動する。

  1. 事業活動に於ける安全阻害要因を定性・定量的に把握し、継続的な改善を通じて、当社で活動する人々のさらなる安全性向上に向けて積極的に努力する。
  2. 当社製品に少なからず顧客・従業員・協力会社の従業員への安全阻害要因が存在することを率直に認識し、安全性向上のために積極的かつ継続的に努力する。
  3. 安全に関する法規・条約・協定等を遵守し、各種要請に対応するべく自主基準を制定して、安全性向上を促進する。
  4. 安全に関する各種教育カリキュラムを制定し、役員・従業員・協力会社の従業員の知識、スキル、感性、行動力の向上を促進する。
  5. 顧客・業界・社会で実施・推進される製品の安全性向上活動にも積極的に参画する。
  6. 安全性向上に関する活動状況を役員・従業員・協力会社の従業員に周知し、意識向上を図るとともに、社外へも必要に応じて公表する。

株式会社堀場製作所
代表取締役会長兼社長
堀場 厚

おもしろおかしく

HORIBAグループの社是は「おもしろおかしく」。この社是には、人生のもっとも活動的な時期を費やす仕事にプライドとチャレンジマインドを持ち、エキサイティングに取り組むことで、人生の満足度を高めて欲しいという願いが込められています。

One Company Song Joy & Fun

HORIBAは2013年に創立60周年を迎え、世界中の社員が歌える歌を制作しました 。「One Company Song」と名づけられたその歌を世界中のホリバリアン(HORIBA社員)が歌うことで、国籍や文化の違いを超え、心をひとつにしたいというおもいが込められています。