自動COD測定装置 CODA-500

概要

最新技術と伝統技術で可能になった、低ランニングで最高性能の自動COD測定装置 CODA-500。

特長

  • 試薬量、当社従来比1/10
    独自の分注および計量方式により、従来の測定精度を保ちながら試薬量を1/10にすることに成功しました。また、手間のかかる試薬の調合も、試薬デリバリーサービスによって不要となります。その結果、試薬交換時の手間を低減するとともにランニングコストも当社従来比の約1/2に低減することが可能となりました。
  • タッチパネル液晶の採用で操作性向上
    タッチパネル操作が可能なカラー液晶の採用や、消費電力の低減など、わかりやすい操作性や環境負荷の低減など、時代が求める機能を充実させて、これからの水質管理ニーズに対応します。
  • 消費電力量、当社従来比1/2
  • 直接加熱方式になり、冷却水不要
  • インターフェース(RS-232C、RS-485、USB、Modbus)を充実

CODA-500はJISに基づく測定方法を全自動化。

酸性過マンガン酸カリウム法〈CODA-500-A/ CODA-500-C〉

酸性下では、塩化物イオンも過マンガン酸カリウムによって酸化されるため、その反応を避けるために、硝酸銀水溶液を加えて塩化物イオンを塩化銀として沈殿させる工程が必要です。このため酸性法は、試料水中の塩化物イオン濃度が低い場合(測定レンジのフルスケールに対して10倍以内)に適しています。

アルカリ性過マンガン酸カリウム法〈CODA-500-B〉

海水など塩化物イオンを多く含む試料水の場合、酸性法では、塩化物イオンによる妨害影響を除去できません。このような試料では、アルカリ性法を採用します。アルカリ性法下では塩化物イオンは、過マンガン酸カリウムでは酸化されないため、塩化物イオンの妨害影響なく、CODを測定することができます。


製造会社: HORIBA Advanced Techno