製品情報

油分濃度計 OCMA-505-H

概要

水または海水中の油分濃度を測定する、コンパクトな自動油分濃度計です。試料水を注入後、ボタンをひとつ押すだけのワンタッチ操作で、油分抽出から測定・排液までスピーディーに行えますのでどなたでも簡単にご使用いただけます。またカラーグラフィック液晶、抽出槽のバックライトを採用するなど当社従来製品に比べ操作性が向上しています。さらに揮発性が低い油分抽出溶媒を開発したことにより、環境負荷の低減を実現。ランニングコストも削減できます。

特長

  • スイッチひとつで油分抽出から測定・排液まで自動実行
  • カラーグラフィック液晶採用
    3.5インチのカラーグラフィック液晶を採用し、メニューや測定結果がより見やすくなりました。
  • 抽出槽のバックライト採用
    抽出槽にLEDを搭載し光を照射することで溶媒と試料の層分離状態が確認しやすくなりました
  • USBメモリポート搭載
    USBメモリへのデータ保存によりパソコンでのデータ管理が容易になりました
  • 単位換算機能付き
    測定条件を入力し、目的に合わせて表示単位(mg/Lmg/kgmg/gmg/PC)を変更できます。
  • 環境負荷・ランニングコストの低減を実現。
  • 溶媒蒸発工程は不要のため簡便、かつ低沸点油分でも検出可能。

 

希望販売価格

税抜1,030,000円~


製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

測定方式

溶媒抽出-非分散赤外線吸収分析法

測定対象

試料水から油分抽出溶媒に抽出され波長3.4~3.5μm付近に赤外線吸収を示す物質

測定レンジ

0~200 mg/L

表示分解能

0~99.9 mg/L : 0.1 mg/L

100~200 mg/L : 1 mg/L

再現性

0~9.9 mg/L : ±0.3 mg/L

10.0~99.9 mg/L : ±2.1 mg/L

100~200 mg/L : ±5 mg/L

表示方式

3.5インチ 320×240ドット バックライト付 カラーグラフィックLCD

校正方法

ゼロ、スパン校正:液注入後、自動または手動校正

試料水採取量

2:1(試料:油分抽出溶媒)

抽出溶媒

H-519 ※H-519以外の油分抽出溶媒は使用しないでください。

抽出溶媒所要量

8mL (10mLでも測定可能)

抽出方法

分析部に付属の抽出機能による

周囲温度

0~40 ℃(結露なきこと)

電源

AC 100 V~240 V ± 10 % 50/60 Hz

消費電力

AC 100V時:約60VA、AC 240V時:約90VA

外形寸法

342(H)×200(W)×313(D) mm

質量

約7kg

外部出力

USBメモリへ出力

測定フロー

液注入後、自動測定(自動切換シーケンス)および手動測定

その他

300件のデータメモリ機能 

自己判別機能

測定安定値表示機能

時計機能

攪拌槽バックライト付

単位換算機能

ASTM D7066-4準拠

濃度補正機能

外形寸法図・他(単位:mm)

外形寸法図