残留塩素計 スタンダードタイプ <HR-200>

概要

残留塩素計HR-200は、センサが劣化しないように、各極を独立(特許出願中)させました。これにより、センサ交換も独立極の交換ですむため、コストを半分以下に低減。プールや簡易的な上水、造水装置の水質監視に適しています。

特長

  • プール、簡易上水、造水装置などに最適
  • ビーズ洗浄、電気化学洗浄の併用により長期安定測定
  • センサはチップ交換式カソード極によりメンテナンスコスト低減

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

HR-200

形式

HR-200

測定方式

3極ポーラログラフ方式

測定範囲

残留塩素濃度:0~3mg/L 表示分解能:0.01mg/L
温度:0~50℃ 表示分解能:0.1℃

繰り返し性

残留塩素濃度:±0.05mg/L 以内、温度:±0.5℃(等価入力にて)

直線性

残留塩素濃度:±0.05mg/L以内、温度:±0.5℃(等価入力にて)

伝送出力

2点 DC4~20mA 入出力絶縁形 最大負荷抵抗900Ω
 出力範囲1: 残留塩素濃度 測定範囲内で任意に設定可能
 出力範囲2: 温度:-10~110℃ の範囲内で任意に設定可能
 異常時出力:バーンアウト機能有り(3.8mAまたは21mA)
 ホールド機能:直前値ホールド、任意値ホールドより選択設定

接点出力

3点 無電圧接点出力 リレー接点、SPDT(1c)
接点機能:
R1、R2:上限警報、下限警報、ON/OFF制御、伝送出力ホールド中、
洗浄出力より選択(警報動作時閉、通常開、電源断時開)
FAIL :異常警報(正常時閉、異常時開、電源断時開)

接点入力

2点 接点形態: オープンコレクタ無電圧a 接点
接点機能:
入力1: 伝送出力ホールド用外部入力
入力2: インターロック用フロースイッチ入力(流量低下で開)

通信機能

RS-485 2線式、入出力絶縁形( ただし、伝送出力とは非絶縁)

温度補償範囲

0~50℃

洗浄機能

ビーズを用いた物理研磨洗浄および洗浄極とカソード極間による
電気化学洗浄

校正方法

ゼロ校正(ゼロ水によるゼロ校正)
スパン校正(DPD法による測定値との比較校正、電気ゼロ校正含む)

自己診断機能

校正エラー、温度センサ診断、変換器異常

周囲温度範囲

-20~55℃(凍結しないこと)

電源

AC90~264V 50/60Hz 消費電力15VA(max)

構造

屋外設置形:保護等級IP65
取付方法:50Aポールまたは壁面取付
ケース:アルミニウム合金
取付金具・フード:SUS304

質量

約4.5kg

適合センサ

RA-10(オーバーフロー式) 、RA-20(インライン式)

RA-10、RA-20(センサ)

形式

RA-10

RA-20

サンプリング方式

オーバーフロー式

インライン式

測定方式

3極ポーラログラフ方式

測定液条件

温度

0~45℃( ただし凍結なきこと)

流量

検水量1.3~2.0L/min

0.6~1.0L/min( 流量一定)

圧力

0.5MPa 以下

pH 値

5.8~8.6( 一定の事)

電気伝導率(導電率)

10mS/m 以上

材質

接液部材質

PVC、PPO、EPDM

極材質

Au、AgCl、PFC

ビーズ材質

SiO2

フィルタ材質

ナイロン

配管取り合い

検水入口

プレハブジョイント TS16A

検水出口

プレハブジョイント TS16A

外形寸法図・他(単位:mm)

ユニット

関連製品

製品画像

残留塩素計 HR-480は、飲料水の殺菌効果やスイミングプールの水質監視などの指標となる、遊離残留塩素を連続測定します。

HR-480P

HR-480Pは、測定方式にポーラログラフ方式を採用したパネルマウントタイプの残留塩素計です。