上水施設に求められる、高精度の分析と信頼性にお応えします。


上水施設用水質計シリーズとして、上水管理に求められる高感度分析技術で、水質管理に必要とされる全項目をラインアップ。各機器はメンテナンスの容易性やランニングコストの低減など、現場ニーズに密着したきめ細かな対応が可能な設計となっており、上水プロセスの入口から出口まで、幅広い用途にお応えします。

濁度・色度・残留塩素計 HU-200M-CR

浄水場での測定精度をそのままに、配水池、ポンプ場へ

色度計 HU-200CL

配水池などろ過水の色度の管理に使用できます。

取水原水のpH、凝集混和池のpH調整・管理、ろ過水のpH管理に使用できます。連続式の超音波洗浄器を附属していますのでpH電極の保守作業を軽減します。

取水原水など広範囲の電気伝導率を測定に適した高濃度タイプ。

測定範囲:0~200 mS/cm (0~20 mS/m)

ろ過水塩素注入後の遊離残留塩素の測定に使用できます。電極表面はビーズ洗浄と電気化学洗浄の併用により常に清浄な状態を保ち、長期安定測定が可能です。

測定範囲:0~3 mg/L

HR-200RT

回転電極式残留塩素計 HR-200RTは上水プロセスの遊離残留塩素の管理に最適な残留塩素計です。

変換器

試料水槽にセンサを直接浸漬できます。

排水、取水の濁度・SS 管理に最適。

・濁度測定範囲:0 ~ 4000 度(ホルマジン),0 ~ 2000 度(カオリン)

・SS 測定範囲 :0 ~ 2000 mg/L(カオリン)

HU-200TB-W

HU-200TB-Wは、上水場の取水や沈澱池などの濁度変化の大きいプロセスでの濁度の連続測定を目的に開発された濁度計です。

配水池など、ろ過水の低濁度管理に使用できます。高輝度白色LED光源を採用し最小分解能0.001度の測定が可能です。

測定範囲:0~0.2度から0~10度

HU-200TB-EH

HU-200TB-EHは、膜ろ過水などの濁度を0.0001度の分解能で測定できるレーザ式濁度計です。

上水場の濁度の高感度測定に最適です。

配水池など、ろ過水や膜ろ過水の精密濁度管理に使用できます。レーザ光源を採用し、測定分解能0.0001度の高感度な濁度測定が可能です。微粒子カウンタ付は、クリプトスポリジウ ム菌などの微生物を微粒子の個数として測定が行えます。

測定範囲(濁度):HU-200LT…0~0.2度から0~2度、HU-200LP…0~0.2度から0~2度

自動水質測定装置 TW-100

上水施設や上水管・給水管末箇所などに設置し、毎日の検査項目を自動監視します。

有機性汚濁物質測定装置(UV計) CW-150

有機性汚濁物質自動計測器CW-150は、独自の回転セル長変調方式を採用することにより、汚れによる影響を受けない高精度測定を可能にしたUV計です

レーザ走査式油膜検知器 LO-300

Oil

万一の油分流出事故をレーザーと映像が監視します。LO-300は、排水面を半導体レーザビームが走査することで、油膜の浮遊を高精度に検知するレーザ走査式油膜検知器です。

浄水場・下水処理場・各種排水など沈殿槽・シックナーでの界面測定に。沈殿槽管理の自動化をサポートします。