触媒・センサ・燃料電池 〜ガス濃度・湿度制御の最適化のために〜

様々な分野の製造・開発プロセスにおいて、ガス濃度や湿度の制御が行われています。
触媒、ガスセンサなどの湿度環境試験や、燃料電池セル評価試験時の加湿ガス導入などでは、多成分のガスを混合させて、正確なガス濃度を発生させるほか、低露点から高露点まで発生できる正確な湿度制御が求められています。
当社のガス混合技術や気化技術は、各種試験のガス濃度制御や湿度制御に貢献しています。

直接気化・インジェクション方式

必要とされる湿度の水分量を直接コントロールすることで、発生部での温度や、圧力の制御を簡素化することができます。液体マスフローにて測定・制御を行い、キャリアガスの比率により、発生する露点を制御します。

バブリング方式

キャリアガスを用いて、タンク内の液体を気化する方式で、多種多様な分野で採用されています。独自開発したバブリングタンクは、素早く均一な温度制御ができ、バブリングの内圧を最適化することも可能ですので、安定した発生を実現しています。

関連製品