標準物質校正システム TE-1000シリーズ

概要

特徴・優位性

3つの特徴

  1. 国際単位系(SI)にトレーサブルな濃度値付けが可能
  2. 分析対象と異なる標準物質から濃度値付けが可能
  3. 作成した検量線が、直線 かつ ゼロを通るか確認することで分析装置のバリデーションを行える

動作・原理

検量線作成のためSIにトレーサブルな混合標準物質をガスクロマトグラフ(GC)に注入し、カラムで分離後、本システムによりCO2に酸化後直ちにCH4に還元し水素炎イオン化検出器で検出します。検量線の横軸はCH4の濃度です。測定対象物質も同様に分析し、検量線から濃度を求めます。測定対象成分の炭素数から濃度を算出し、SIにトレーサブルな値を得ます。


製造会社: HORIBA STEC

仕様

型式

TE-1000シリーズ

本体システム構成

反応炉ユニット: W100×D105×H350 (mm), 5kg
コントロールユニット: W180×D480×H312 (mm), 15kg
※) GC挿入部・突起部・GC取付用アタッチメントは含みません。
注) 計測には別途GC-FIDが必要です。使用されるメーカー/型式を別途ご連絡ください。

動作・使用時の周囲環境温度・湿度

GCの設置条件に同じ
温度: 20〜30°C
湿度: 20〜80% RH (結露無きこと)

使用可能カラム

キャピラリ―カラムのみ (内径0.53 mmを推奨)

ユーティリティ・ガス接続

Air: FIDに使用するグレードと同等以上
H2: 99.999 %以上
供給圧: 共に100〜300 kPa (G)

Air流量範囲
(酸化反応用)

1〜10 mL/min

H2 流量範囲
(還元反応用)

1〜10 mL/min

測定時許容濃度
(カラム注入時)

≦1000ppm CH4 (mol/mol)

供給電源

100〜120 VAC or 200-240 VAC (400VA MAX)

※仕様・外観は改良の為、お断り無く変更させて頂く事があります。

アプリケーション

国際単位系にトレーサブルな標準ガスの値付け濃度範囲の簡易な拡張方法

発表:日本分析化学会第65年会 (札幌) 2016年9月14日(水)〜16日(金)

テクニカルレポート

分離と化学反応を組み合わせた定量方法の開発

【補足】
NMIJ 研究 トピックス No.2 (2017/01/17)

産業技術総合研究所
計量標準総合センター
物質計測標準研究部門
ガス・湿度標準研究グループ
渡辺 卓朗様