全炭化水素(THC)濃度測定装置 APHA-370

概要

全炭化水素(THC)濃度測定装置APHA-370は、JIS B 7956「大気中の炭化水素自動計測器」に規定された水素炎イオン化検出法(FID)に基づく装置です。サンプルガス流路を2つに分け、非メタン炭化水素(NMHC)を含むものと含まないものに選択燃焼後、水素炎イオン化検出法(FID)にて測定しています。差量的にNMHCを測定することで、3成分(メタン、NMHC、THC)を高感度0.05ppmC(2σ、5ppmCレンジ)に連続測定することが可能です。

用途

  • 大気汚染監視
  • VOCの除外装置評価
  • 触媒実験用低濃度HC測定

特長

  • 3成分の高感度連続測定が可能
    クロスモデュレーション方式水素炎イオン化検出法と選択燃焼方式差量法の組み合わせを採用しているため、高感(5ppmCレンジ)での3成分連続測定が可能です。
  • 補助ガスは、燃料の水素(H2)のみで測定が可能
  • データ回収が可能
    コンパクトフラッシュカードに直接データを読み込み、データ回収が可能です。(オプション)
  • リモート操作が可能
    データインターフェースの充実、リモート操作が可能です。
    (LAN接続端子、RS-232C)(オプション)

製造会社: HORIBA

仕様

項目

仕様

測定成分

大気中の炭化水素(CH4、NMHC、THC)

測定レンジ

0〜5/10/25/50ppmC
0〜5/100ppmCの間で最大レンジ比10倍5レンジ以内自動レンジ切替(オプション)
外部切替可(オプション)

最小検出感度

5ppmCレンジ:0.05ppmC(2σ)
5ppmCレンジ超:フルスケールの±0.5%(2σ)

再現性(繰返し性)

フルスケールの±1.0%

直線性(指示誤差)

フルスケールの±2.0%

ゼロドリフト

フルスケールの±1.0%/日

スパンドリフト

フルスケールの±2.0%/日

周囲温度変化に対する安定性

周囲温度範囲内5℃変化でドリフトを満足する

応答速度

60s以下(装置入口よりT90)

干渉影響

水分(25℃80%)にて:±0.2ppmC

試料採取流量

約0.9L/min

表示

タッチパネル式LCD(バックライト付)有効桁数4桁、測定値、レンジ、アラ−ムなど

アラーム

校正エラー、バッテリ−エラー、圧力エラー、精製器温度エラー、NMC温度エラー、電源断など

入出力

0〜1V(瞬時値および1時間平均値(積算値)または平均値の2系統)
接点入出力(レンジ、外部リセット、テレメータ故障、アラームなど)
RS-232C(オプション)

周囲温度・湿度

0〜40℃ 85%以下

外形寸法

430W×550D×221Hmm

質量

約33kg

注記:上記仕様はJIS に準拠しています。ppmC は単位ではなく記号として示したものです。

外形寸法図・他(単位:mm)

APHA-370 外形寸法図 (mm)

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

関連製品

一酸化炭素(CO)濃度測定装置 APMA-370

CO濃度測定装置APMA-370は、JIS B...

窒素酸化物(NOx)濃度測定装置 APNA-370

NOx濃度測定装置APNA-370は、JIS B...

オゾン(O3)濃度測定装置 APOA-370

O3濃度測定装置APOA-370は、JIS B...

硫黄酸化物(SO2)濃度測定装置 APSA-370

SO2濃度測定装置APSA-370は、JIS B 7952「大気中の二酸化硫黄自動計測器」に規定された紫外線蛍光法(UVF...