欧州次期排ガス規制
Euro VI

欧州次期排ガス規制
Euro VI

トラックやバスの排出基準をさらに強化。EU共通のルールを設定。

Euro VIとは

Euro VIとは

Euro VIは、欧州における重量車(大型トラックやバス)の次期排ガス規制です。このEuro VIでは、一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)などの排出規制値(質量)が引き下げられるのに加え、Euro Vから導入されたアンモニア(NH3)の濃度規制値も強化されます。適用時期は、新車型式認証については2013年、それ以外のすべての認証については2014年です。

Euro 5/6, EuroVI対応

重量車エンジンのための最新の粒子数測定
固体粒子数測定装置
MEXA-2200/2300SPCS

MEXA-2200SPCS・2300SPCSは、欧州の規制(Euro VI、Euro 5/6)で要求されるエンジン排ガス中の固体粒子数(PN)をリアルタイムに計測する装置です。乗用車や重量車エンジンの認証試験・研究開発に対応します。
●フルダイリューショントンネルのみでなく、マイクロトンネルとも接続可能
●高圧ダイレクトサンプリング機能(MEXA-2300SPCS)
●コンパクト設計

認証、研究開発から性能評価まで、あらゆるシーンでの粒子数連続測定を実現

Euro VI対応
重量車のNH3(アンモニア)を的確に計測
エンジン排ガス分析装置
MEXA-6000FT-E

Euro VI対応

フーリエ変換赤外分光(FTIR)法と多変量解析の組み合わせで、多成分濃度を同時に分析できるエンジン排ガス分析装置 MEXA-6000FTシリーズ。
今回新たに、EVにおける重量車の次期排ガス規制Euro VIのNH3試験方法に準拠したMEXA-6000FT-Eが登場。
[Euro VI NH3計測に完全対応]
●NH3の応答速度5秒以内(T10-T90)、サンプリング温度191℃
●HORIBA MEXA-7000シリーズとの組み合わせにより、従来の排ガス計測に加えNH3計測のEuro VI認証試験が可能
[最大24成分を同時測定]
●NO・NO2・N2O・NH3、エタノールなど、最大24成分を同時測定
*Euro VIにおけるNH3試験方法は、現在ドラフト段階です(2011年1月現在)

製品情報へのアクセスはこちら

製品の見積り・資料・詳しいお問い合わせは各製品情報ページのボタンからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ
お電話でのお問い合わせはカスタマーサポートセンター 0120-37-6045