食品安全の原因究明

2007年カナダでの、ペットフードによる犬や猫の死亡事故や、2008年中国で起きた、メラミン汚染粉ミルクによる乳児14人の腎臓結石発症事件は、どちらも、みかけのタンパク質含有量を増やすためとみられています。このような微量汚染有害物質の高感度分析において顕微ラマン分光装置が活躍しています。

メラミンシアヌレートの検出

微量汚染有害物質の高感度分析(ラマン顕微鏡)

ラマン顕微鏡 XploRA

ラマン顕微鏡は共焦点顕微鏡を利用したサブミクロンスケールで無機物にも有機物にも感度良く分析が可能。顕微鏡で観察している視野に化学的なイメージを同一化できます。

製品特集Homeへ | ▲ このページのTopへ