世界的な水不足に、日本の技術が重要な役目を担っています。
HORIBAの水インフララインアップ

地球を循環している水資源。日本においては、この水資源を浄化や再利用することが多く、水質を適切に管理・測定するための環境や機器が充実しています。
しかし、他国では、河川や湖沼の水を利用後、適切な処理がされずに排水される事も多く、日本の水インフラ技術や測定技術は、世界の水不足に対して貢献度の高い技術だと考えられます。
適正な水質管理のための高度な測定機器を、HORIBAはフルラインアップでご用意しています。

水インフラ分野は急拡大。2025年に86兆円市場に達する成長分野です。

トータル提案

世界の水インフラ市場は、新興国の人口増加などで急拡大し、上下水道インフラ整備の必要性に迫られています。その中で、日本は、海水淡水化技術(逆浸透膜)で世界シェア50%を確保するなど、優位なポジションを保っており、日本の水産業が、世界水ビジネス市場に進出するためには、装置分野、建設分野、管理・運営分野など総合的なアプローチが必要と言われています。HORIBAは、長期安定稼働できる、水質管理のための測定機器を多数ラインアップ。これからの水インフラ市場に的確にアプローチしていきます。

HORIBAの水インフラ対応ラインアップ

排水や河川海域などの水質汚濁の程度を表すCODを測定。自動COD測定装置 CODA-500-A/CODA-500-B農業から水処理施設まで。多様な水環境に的確に対応します。現場形工業用水質計 H-1シリーズ河川、湖沼、閉鎖性海域、工場排水などの全窒素・全りんを測定。自動全窒素・全りん測定装置 TPNA-300

原水の水質監視、水質プロセスでの有機物モニタに。UV計 OPSA-150工場廃液に含まれるフッ素イオン濃度を連続測定。自動フッ素イオン測定装置 FLIA-101工場排水や海水中などのアンモニウムイオン濃度を測定。自動アンモニウムイオン測定装置 AMNA-101/AMNA-102

高圧ボイラなどの防食剤・ヒドラジンの残留濃度を測定。ヒドラジンモニタ HYBA-2000海水淡水化用イオン交換樹脂の処理水監視に威力を発揮。微量ナトリウムイオンモニタ ASCA-2100/2200ボイラ用水・半導体洗浄用超純水中のシリカ濃度を連続測定。シリカ分析装置 SLIA-2000

河川、湖沼、海域からボイラまで、水質管理に不可欠の酸素量を測定。溶存酸素測定装置 OXBA-2000

上水施設や上水管・給水管の管末箇所で、水質を多成分モニタリング。自動水質測定装置 TW-100

COD計またはUV計、全窒素・全りん計、流量計からの信号を演算し出力します。水質汚濁負荷量演算器 ALM-300
一度の測定で、最大11成分を同時測定。マルチ水質チェッカ U-50 ■測定項目 pH、pH〈mV〉、DO、COND、塩分、TDS、海水比重、温度、TURB、水深、ORP

コラム

日本の技術・ノウハウで世界の水不足問題解決に貢献したいと考えています。
*上図は、海外水循環システム協議会(GWRA)のホームページを基に作成しています。