「診療の現場、患者の近くで検査する。」それがPOCT(Point-of-Care Testing)という考え方。
検査した結果を、診療の場ですぐに判断できれば、早期発見・早期治療につながり、危急の病状にも的確に対応できます。
HORIBAメディカルはこのPOCTを、迅速で扱いやすい仕組みにするため、前処理の必要がない全血による測定で、「全血POCT」として提案。診療所および病室や緊急の現場でも手軽に扱えるシステムとして提供しています。
全血POCT」なら、一回の検査でEBM(evidence-based medicine:根拠に基づく医療)を提供でき、また、患者様とのインフォームドコンセントを通した信頼向上に大きく貢献します。
これからは、分析する医療へ。HORIBAメディカルからの提案です。