シリカ分析装置 SLIA-5000

概要

ボイラ水、純水精製設備の微量シリカを迅速に自動測定

火力、原子力発電所などで、高温・高圧の水蒸気によるタービンの駆動を効率よく行うためには、スケールの原因物質であるシリカ(SiO₂)の管理が重要です。この度、HORIBAの長年にわたる納入実績と技術ノウハウを結集し、従来の安定性・信頼性・メンテナンス性はそのままに、シリカ分析装置は新たに生まれ変わります。

特長

  • 5分測定で±2%F.S.の繰り返し性 - 高速で繰り返し性の高い測定結果の取得が可能。
  • 幅広い測定範囲 - 高感度レンジ0~10μg/Lから高濃度レンジ0~5.0mg/Lまで、測定可能。
  • 自己診断機能 - 試料水・試薬の注入、校正異常、セル内濃度モニタ、光源異常などの動作異常を自己診断。
  • 自動校正機能 - ゼロ校正は毎回自動実行。スパン校正も予約可能。
  • 自動測定周期切替 - 設定濃度以上では最短5分、設定濃度以下では長く測定周期を自動切替。
  • 操作性の向上 - タッチパネルでの操作が可能なカラー液晶を採用。

製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

一般仕様

装置名称

シリカ分析装置

装置形式

SLIA-5000

寸法

600(W)×750(D)×1600(H)mm

質量

約130kg

電源

AC 100 V±10% 50/60 Hz 約500VA

性能

測定レンジ

0-10/0-100 μg/L 0-50/0-500 μg/L 0-100/0-1000 μg/L 0-200/0-2000 μg/L 0-0.50/0-5.00 mg/L (いずれか御指定下さい。)

繰り返し性

フルスケールの±2%

測定原理

モリブデンブルー法

測定点数

1~4点(いずれか御指定下さい)

測定時間

5分

測定周期

5分~999分 任意設定可能

校正

ゼロ:測定毎 スパン:等価フィルタ

補正

ゼロ点シフト -300.0~300.0 μg/L

使用試薬

A: 硫酸+モリブデン酸アンモニウム B: シュウ酸 C: (L +)-アスコルビン酸

試薬補給周期

1週間(試薬保存温度:30℃以下)

設置条件

周囲温度

0~45℃

周囲湿度

相対湿度85%以下(結露しないこと)

周囲環境

・屋内設置型 ・主電源の過渡過電圧:過電圧カテゴリⅡ(EN61010-1)汚染度2

・振動、衝撃の少ない平坦なところ ・雰囲気中にダスト、ミスト、腐食性ガスなどを含まないこと

・大気圧下 ・直射日光の当たらないところ ・換気の良いところ

測定条件

サンプル条件

・温度:2~40℃ ・流量:0.5~1.0L/min ・圧力:0.02~0.20MPa ・pH値:11.0以下

・共存リン酸イオン濃度:20mg/L以下

ただし、0~10/0~100μg/Lレンジ(超純水仕様)は共存リン酸イオンなきこと

外部入出力

アナログ出力

標準:DC 4~20 mA またはDC 0~16 mA・・操作部にて選択設定

オプション・・DC 0~1 VまたはDC 1~5 V ・ホールド/マーカ出力・・操作部にて選択設定

最大負荷500Ω以下 入出力絶縁型 チャンネル間非絶縁

測定ライン毎:濃度出力

接点出力

標準:a接点出力 (b接点を希望される場合は御指定ください。)

接点容量 AC 250 V 3 A, DC 30 V 3 A(「保守中」接点はDC 30 V 3 Aのみになります)

測定ライン共通:測定中、待機中、保守中、外部制御状態、同期信号、計器異常、電源断、一括警報 他

測定ライン毎:測定ライン、測定レンジ、サンプル断、濃度異常

接点入力

無電圧a接点入力(オープンコレクタ可)・・リモート制御時において有効です。

絶縁型入力(-)側共通

ON抵抗・・最大100Ω ・開放電圧・・最大DC26V ・短絡電流・・最大DC13mA

測定ライン共通:測定開始、校正開始、周期切替

測定ライン毎:測定ライン設定、測定レンジ設定High、測定レンジ設定Low

装置機能

表示

カラータッチパネル付液晶

メモリ機能

測定値:1年以上分メモリ

警報履歴:500件 ・校正履歴:100件 ・操作履歴:100件

※USBによる外部メモリ可能

外形寸法図・他(単位:mm)

外形寸法図(mm)