こんなお困りごとはありませんか?

  • 電極の劣化状態を評価したい
  • 正極材、負極材の粒子径の管理
  • 電池内部異物の解析

...など、なんでもご相談ください

解決例

1. 電極の状態評価

<ソリューション>

顕微ラマン分光装置を用いて正極表面を測定しました。充放電サイクルの繰り返しによる劣化で、酸化コバルトが生成されていることが分かりました。

1. 電極の状態評価

酸素・窒素・水素分析装置を用いて、各種正極材を測定しました。含有酸素量から電極の組成変化を知る手がかりを得られます。


2. 電極材料の粒子径評価

<ソリューション>

電極材の粒子径は電池反応性にも影響することが知られています。レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置を用いて電極材の粒子径を測定できます。


3. 電池内部異物の解析

<ソリューション>

X線分析顕微鏡により、電池材料に混入していた数十μm程度の異物は、鉄を含むことが分かりました。

分析のご依頼の流れ

有償依頼分析
  1. お問い合わせ
  2. 測定内容打合せ
    専門スタッフもしくは、分析担当者がお話を伺います。
  3. 見積もり
    お客様のご依頼にあったプランを提案いたします。
  4. ご注文
  5. 測定実施
    試料送付のみ、もしくは立会いのもとでの測定を実施します。
  6. 結果ご報告
  7. 費用のお支払