Automotive オートモーティブ

クルマの安全、安心の未来を見据えた次世代材料開発から
部品の劣化解析、完成車の耐久試験までトータルにサポートします。

従来の内燃機関自動車の更なる燃費向上や排出ガス規制への対応として、新素材による軽量化や排出ガス浄化用の触媒開発が進んでいます。
HORIBAは次世代自動車の研究開発をさまざまな分析・計測機器でサポートし、開発に貢献できる技術を提供しています。


ボディ

コーティング材料のめっき厚〈GD-OES、蛍光X線分析装置〉
塗料の粒子径〈粒子径分布測定装置〉
鉄鋼中の炭素・窒素・水素など〈炭素・窒素・水素分析装置〉
塗装膜の深さ方向の元素プロファイル〈GD-OES〉
アルミニウム中の水素〈水素分析装置〉

車体材料の分析

■部品・材料の鋼種判別

STAINLESS/Waspaloy

■付着量・めっき膜厚の評価・管理
●サンプル模式図

〈ハンドヘルド型蛍光X線分析装置〉

パワーデバイス

化合物半導体欠陥評価〈カソードルミネッセンス測定システム、フォトルミネッセンス測定システム〉
化合物半導体応力評価〈ラマン分光測定装置〉
各層の厚さ測定〈分光エリプソメータ〉
深さ方向の元素プロファイル〈GD-OES〉

化合物半導体(GaN)の欠陥評価

■貫通転位などの欠陥の密度を評価

●SEM像/●CLスペクトル/サンプル:GaN 加速電圧:3KV

CL像(362nm)〈カソードルミネッセンス測定システム〉


燃料電池(FC)

正極・負極評価〈ラマン分光、SEM-EDXなど〉
セパレータの品質評価〈GD-OES、蛍光X線など〉
電解液の劣化解析〈ICP-OES〉
燃料電池用触媒解析〈レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置〉

燃料電池の解析

燃料電池用の触媒には、白金などの金属粒子を担持させた導電性の担体が使用され、耐久性などの開発試験において、その粒子をコントロールすることが重要です。

〈レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置〉

リチウムイオン二次電池(LIB)

リチウムイオン電池  正極の元素マッピング〈X線分析装置〉
セパレータ上の金属異物分析〈X線分析顕微鏡〉
正極材料の粒子径分布測定〈粒子径分布測定装置〉
リチウムイオン電池正極のラマンイメージ〈ラマン顕微鏡〉
マンガン酸リチウムの酸素欠損量測定〈酸素・窒素・水素分析装置〉
リチウムイオン電極負極の深さ方向分析〈GD-OES〉


触媒

触媒のガス吸着状態〈ラマン分光測定装置〉
触媒の粒径管理・粒子分布〈ナノ粒子解析装置〉


ハンドヘルド型蛍光X線分析装置
ハンドヘルド型蛍光X線分析装置