TITAN D

概要

TITAN DシリーズTITAN Dシリーズは、トランジェント試験用のTシリーズをベースに、実車・動力伝達系・走行抵抗モデルを用いるアプリケーションを追加した、より高機能のシステムです。走行抵抗シミュレーション(RLS)により、ドライバや車両も含めた信頼性の高いシミュレーションが可能です。そのため、Euro15.05試験サイクル、US FTP75試験サイクルなど、車両の法定試験サイクルでの運転についても、最良のテストソリューションが提供できます。システムには、低慣性を特徴とする DYNAS3 ACダイナモメータが採用されています。
TITAN Dシリーズでは、STARS自動化ソフトウエアとの組み合わせにより、複雑なアプリケーションもきわめてシンプルに試験することができます。TITAN Dシリーズは、モジュラ方式のメリットを生かした、TITANシリーズの最上位機種です。

特長

アプリケーションの範囲

  • エンジン機能試験のための定常またはトランジェント運転
  • エンジンマッピング
  • 性能研究
  • エンジンおよびコンポーネントの耐久試験
  • 燃焼プロセスの最適化
  • コンポーネント試験
  • 燃費計測
  • エミッション最適化
  • トランジェント運転でのコンポーネント試験
  • 実車と走行抵抗シミュレーションによるエンジンキャリブレーション
  • 走行抵抗を考慮したコンポーネント試験
  • C/D排ガス試験サイクルの実行
  • 手動および自動運転
  • 4シリンダ以上のV型エンジン・インラインエンジン
    (ガソリン・ディーゼル)

TITAN D460

  • ライトデューティー・ミディアムデューティーエンジン用AC動力計ダイナモメータ
  • 最高回転数:8000 rpm
  • 最大トルク:600 N・m

TITAN D460

TITAN D600

  • ヘビーデューティーエンジン用ACダイナモメータ
  • 最高回転数:3000 rpm
  • 最大トルク:3500 N・m

TITAN D600

TITAN D250

  • ライトデューティーエンジン用ACダイナモメータ
  • 最高回転数:8000 rpm
  • 最大トルク:400 N・m

TITAN D250

高性能ACダイナモメータ DYNAS3
DYNAS3シリーズは、エンジン試験用のACダイナモメータです。DYNAS3は、テストスタンドコントローラや安全システムと最適な形で組み合わされ、TITANシステムの非常に優れた性能を支えています。テストシステムは、定常運転からトランジェント運転までの広範囲をカバーします。

  • 空冷方式のコンパクトデザイン
  • 高精度のトルク計測(フルスケールの0.1 %)
  • 高速トルク制御(3 ms以下)
  • 低慣性により高加速度を実現
  • 故障しにくく、かつ小型の非同期モータを採用
  • トラブル防止のための、電力供給ラインフィルタ
  • メンテナンスフリーのハイブリッドべアリング

SPARC − 高機能インテリジェントコントローラ
SPARC
TITANシリーズは、次世代エンジンコントローラSPARCを搭載しています。

イメージイメージ


製造会社: HORIBA

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

関連製品

エンジンテスト用ACダイナモメータ DYNAS3 LI(低慣性)

SI(点火)エンジン用の全てのテストアプリケーションに適応

TITAN in Laboratory.

ライトデューティからへビーデューティまでの、ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンの定常試験に

TITAN in Laboratory.

トルク応答に優れた低慣性のダイナモメータDYNAS3搭載により、さまざまなトランジェント計測ニーズに対応