エンジン排ガス測定装置 MEXA-1170HCLD

概要

既存設備を活かして設備を充実したい、場所を取らずにNOx計測を行いたい──エンジン排ガス測定の現場の声にお応えして誕生した、HORIBAのMEXA-1170HCLDシリーズ。ガソリン、ディーゼル、LPGエンジン等からの排ガスに含まれるNO、NOxのリアルタイム測定に最適な高機能をコンパクトボディに集約。単成分計としてはもちろん、MEXA-7000シリーズに追加することも可能です。
※追加搭載を希望される場合は、別途お問い合せください。

特長

  • 化学発光(CLD)法によるNO、NOxをリアルタイム高感度測定。
    加熱型の化学発光(CLD)法の採用により、NO、NOxを高感度にリアルタイム測定。NOxを高感度にリアルタイム測定。NOに対して極めて感度が高く、他成分からの干渉影響を受けにくいNOx測定が可能です。常圧式と減圧式の2タイプをご用意しました。

イメージ

  • コンパクト設計で高信頼。
    本体にポンプを内蔵することでコンパクト化を実現。場所を取らず手軽に計測することが可能です。しかも検出部にMEXA-7000シリーズと同等のものを使用するなど、随所にMEXAならではの高信頼性を受け継いでいます。
  • MEXA-7000からの一括オペレーションが可能。
    NO、NOxの単成分分析計としての使用はもちろん、MEXA-7000の分析計としてコントロールユニット(MCU)から一括オペレーションが可能です。ホスト通信にはLANもしくはシリアル(RS-232C)が選択できます。

基本構成ユニット

基本構成ユニット

システムフロー図

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ)
MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ)

MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ)

MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ)


製造会社: HORIBA

仕様

製品名

エンジン排ガス測定装置

型式

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ)
MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ)

用途

ガソリン・ディーゼル・LPGエンジン等の排ガスの測定

測定成分

NO、NOx

測定原理

加熱式化学発光(CLD)法

測定範囲

NO/NOx: 0-10/20/50/100/500/1000/2000/
5000/10000ppm(9レンジ)

入出力形式

液晶画面表示 アナログ出力:0-1 V/0-10 V(いずれか指定)
ホスト通信:RS232C、LAN(AKプロトコル)
MEXA-7000シリーズとの通信(オプション):コントロールユニット(MCU)に接続可能

MEXA-7000から
制御可能な機能

MCUへの濃度表示
レンジ切り替え
Stand-by/Pause切り替え
Zero/Span/Cal/Measure/Purge/ResetのLINE動作
カレンダタイマー機能(Stand-by/Pauseのみ)
アナログ出力 (MEXA-7000オプション)
Post Trend Chart(MEXA-7000オプション)
Trend Chart(保存機能付き)(MEXA-7000オプション)
注)MCUのバージョンアップが必要な場合があります。
別途お問い合わせ下さい。

サンプルガス
流量

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ):3.0±0.5L/min
MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ):2.0±0.5L/min

サンプル
入口圧

-5〜30kPa

応答速度(T90)※1

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ)T90:
2.5秒以内(校正ガス入口より流量3L/minにて)
MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ)T90:
1.5秒以内(校正ガス入口より流量2L/minにて)

サンプルライン
応答速度(T90)※1

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ)T90:
3.5秒以内(校正ガス入口より流量3L/minにて)
MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ)T90:
2.5秒以内(校正ガス入口より流量2L/minにて)

ノイズ

5分間の連続出力のノイズ幅としてフルスケールの2.0%以下

直線性

フルスケールの±1.0%以内

再現性

ゼロ:フルスケールの±0.5%以内
スパン:読み値の±0.5%以内

ドリフト

ゼロ:フルスケールの±1.0%/8h以内
スパン:読み値の±1.0%/8h以内
(ともに周囲温度変化±2℃以内にて)

設置環境

周囲温度:5〜40℃
湿度:相対湿度80%以下

電源

AAC 100/110/115/120/200/220/230/240V、
50/60 Hz、単相

電源容量

Max. 約1.5 kVA

外形寸法

分析計ユニット:508(W)×690(D)×143(H)mm
サンプリングユニット:508(W)×690(D)×230(H)mm

質量

MEXA-1170HCLDA(常圧タイプ):分析計ユニット 約18kg
サンプリングユニット 約28kg
MEXA-1170HCLDV(減圧タイプ):
分析計ユニット 約20kg
サンプリングユニット 約33kg

オプション

加熱フィルタ(サンプリングプローブ付き)
アナログ出力ケーブル(最長10m)
シリアルケーブル(最長15m)
LANケーブル(最長50m)
チェッカ(リークチェック・Td・T90 チェック用)
リモートコントローラ(パネルキー遠隔操作用、最長55m)

※1 T90は5%応答から90%応答までの時間

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[大型連休にともなうお知らせ]
2014年5月1日(木)より5月6日(火)までの間は、大型連休にともないカスタマーサポートセンターの業務を休業させていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

関連製品

加熱型THC測定装置 MEXA-1170HFID

サンプリング部内蔵なのにコンパクト、場所をとらずに手軽なTHC測定が可能...

エンジン排ガス測定装置 MEXA-1170NX

NOx浄化技術の進化を加速する、新NH3分析計

紫外蛍光(UVF)法にHORIBA独自の技術を組み合わせ、SO2・TRS同時測定モードとTS測定モードを実現...

自動車排ガス測定装置 MEXA-7000 Series Version 3

性能・経済性・環境負荷など、さまざまな視点から自動車やエンジンが求められる開発を幅広くサポート...

排ガス中のCO、CO2、THC、NOx、O2の5成分をリアルタイムに連続測定