「第24回 最新科学機器展」「第12回 計量計測総合展」「最新技術セミナー」

来る6月27日(水)〜 29日(金)の3日間、名古屋国際会議場(名古屋市)において「第24回 最新科学機器展」「第12回 計量計測総合展」ならびに「最新技術セミナー」が開催されます。 HORIBAは「Your Partner in Science 〜水とくるまの未来をはかる〜」をテーマに、さまざまな環境や産業分野における水・液体計測と、電動化を中心とした次世代自動車の発展に寄与する材料開発・生産プロセスに関わる分析・制御技術を、展示ブースおよび最新技術セミナーにて一堂にご紹介いたします。 私たちの生活を支える「環境」と「水」、そして「くるま」の未来に“はかる技術”で貢献するHORIBAの最新ソリューションをぜひご覧ください。

Next Generation Mobility
電池材料、パワーデバイス、表面処理、熱処理、ドライコーティング、めっき、腐食、異物
Water & Environment
水質総量規制、雨水/排水/下水、工業用水、大気、NOx/SO2/CO/CO2/O2、PM2.5

最新技術セミナー HORIBAグループ プログラム


時間 テーマ 会議室 定員
6/28
(木)
10:20~
11:10
F-1 『 pHを精度よく測定するポイントのご紹介』 141/142
会議室
160名
pHを正確に測定する為の校正のコツや、計器・電極の日常メンテナンスのポイントをご紹介すると共に、塩水噴霧試験の塩溶液の迅速測定事例なども合わせてご紹介します。
11:30~
12:20
E-2 『 全窒素全りん計の維持管理最適化をご提案』

 

133/134
会議室

80名
全窒素全りん計のメンテナンス周期などを更に改善。測定装置は、汚れに強く、試薬寿命は長く、水は少なく、保守は簡便に! クラウドソリューションによる維持管理最適化もご紹介いたします。
6/29
(金)
11:30~
12:20
H-2 『まだ断面出し?機能性皮膜の新分析手法』 133/134
会議室
80名
近年、急速に認知度が高まりつつある迅速深さ方向元素分析装置GD-OES をはじめ、ラマン分光など各種表面分析装置を用いた、めっき・DLC・腐食などの表面分析事例をご紹介します。
12:40~
13:30
H-3 『次世代自動車の開発に寄与する分光分析技術』 133/134
会議室
80名
電動化車両開発に有用なラマン分光などの分光分析技術とそのアプリケーションをご紹介。また、車両開発・試験エンジニアリングを担うHORIBA MIRA 社の概要をご紹介します。
13:50~
14:40
I-3 『 高濃度測定で問題解決。粉体分析の最新事例をご紹介』 141/142
会議室
160名
3年前の常識は非常識かも!?分散・凝集の課題を高濃度( 原液) 試料の粒度分布測定で解決してきた事例をご紹介。ラマン分光やEDX を応用した粉体分析などもご紹介します。
聴講料無料・事前登録制です。

詳しくは主催者配布のプログラム表も合わせてご参照ください。
最新情報はこちらのWebサイトもご確認ください

pHメータ本体 ・電極  無償簡易点検サービス
お使いの HORIBA製pH メータ(本体のみ・電極のみでもOK)を直接、ブースまでお持ちください!専門スタッフがその場で無償にて簡易点検を行います。HORIBA製 pHメータ「F」および「D」シリーズが対象です(twinシリーズは対象外)。

装置のカスタマイズ承ります!
HORIBAは、分析に関するお客様のお困りごとに柔軟に対応するため、カタログに記載されている製品だけでなく、コンポーネントの組み合わせやオプション品の開発により、お客様のニーズに沿った仕様や装置をご提案いたします。
分析・測定に関するご相談・お困りごとがございましたら、HORIBAまでお気軽にご相談ください。



モビリティ開発で世界をリードする、エンジニアリングサービスと開発拠点を提供します。

会場内 HORIBAブースのご案内



出展製品・セミナー等の情報は、予告なく変更になる可能性があります。


PDF版はこちら
「第24回 最新科学機器展」「第12回 計量計測総合展」「最新技術セミナー」