バルク分析としてのご提案・活用事例

SPARK発光と同等の分析精度

rf-GD-OESでも、SPARK発光分析(カントバック)と同等の分析精度・感度があります。各種鋼材・合金・鋳物などの金属材料の成分分析などにも活用することもできます。


工場出荷時に検量線プリセット

各種鋼材・合金・鋳物など、測定対象となる金属材料の成分・濃度に適した検量線を工場出荷時に装置にプリセットすることができるため、すぐに品質管理などにも応用できます。

マトリクス影響の少ない検量線

rf-GD-OESは、マトリクス影響が少ない光源であるため、ダイナミックレンジが広く、検量線も幅広い成分・組成に対応することができます。



 rf-GD-OES法と他の分析手法の比較