ICP発光分析装置は、毎日生活している私たちの身近な場所で使われています。例えば、鉄やアルミニウムのような材料の分析に、あるいは環境保全の ための測定や私たちが毎日口にする水や食品の分析にも使われています。また、従来測定が不可能であった塩素などハロゲン分析にも使われています。

JOBIN YVON(ジョバンイボン)は1977年、世界で初めてシーケンシャルICP発光分析装置の販売を開始しました。それから25年、販売台数は3,600台以上で、世界中で使用されています。

用途

  • 製品管理
  • 製品開発
  • 材料分析
  • 環境の管理
  • 健康管理と安全性確認

シーケンシャルシリーズ

ICP発光分析装置(シーケンシャルシリーズ) ULTIMA2

高感度・高分解能を実現したシーケンシャルICPの最高峰。

モノクロメータ + ポリクロメータ