ICP 発光分析装置 Ultima Expertシリーズ

概要

ICP発光分析装置 Ultima Expertシリーズは高分解能分光器を内蔵し、ファーネス原子吸光の感度にも劣らない程の高感度で測定できます。また、測光方式は試料中のマトリックスに干渉されにくいラテラルで観測しているので、高塩濃度試料に最適です。
最高の技術を誇るUltima Expertシリーズの分解能は0.005nmです。プラズマ中のスペクトル線の自然幅は波長や元素の種類にもよりますが0.003nm程度であるため、分離できるぎりぎりまで分離していることになります。このような分光器を使うことで、スペクトル干渉を受けにくく感度の増加を実現しました。

特長

  • 安全機構を備えたスマートフード
  • 実質分解能:0.005nm
  • 測定波長範囲:160〜800nm
    オプションで120nmから測定できますのでCl、Brの分析も可能です。
  • ラテラル観測で最高の検出限界が得られます。
  • スペクトル干渉の少ない高分散分光器です。
  • HDD 検出システムによる広いダイナミックレンジ。(5×1010)
  • シースガスシステムによる高塩濃度試料の安定分析(NaCl 30%溶液)、アルカリ金属の高感度分析。
  • 専用分析ソフト Image Navigator
    【半定量分析ソフト】2分で全スペクトルの測定ができます。
    【定量分析ソフト】測定者の熟練度によらず複雑なマトリクスでも基本条件を理想的な状態に設定できます。

 

希望販売価格 


製造会社: HORIBA

仕様

標準構成

高周波電源

ソリッドステート、水冷式、 40.68 MHz

測定波長範囲

160 ~ 800 nm(オプションで 120 nm ~)

分光器

焦点距離: 1.0 m
グレーティング(回折格子):2400 本/mm

分解能

120 ~ 320 nm: 0.005 nm (2次光)
320 ~ 800 nm: 0.010 nm (1次光)

プラズマトーチ部

完全分解型、内径 3 mm のアルミナインジェクタおよび石英管を使用

試料導入系

ガラス製同軸ネブライザおよびサイクロン スプレーチャンバ、ペリスタポンプ(3連式)

オプション

装置

■ デュアルグレーティング
120 ~ 450 nm: 0.006 nm (4320 本/mm)
450 ~ 800 nm: 0.010 nm (2400 本/mm)
■ ハロゲン分析キット: 120 nm からの分析

アクセサリ

■ AS-500 オートサンプラ: オプションのリンスステーションが付属
■ アルゴンガス加湿器
■ 高機能型試料導入系: 有機溶媒、フッ化水素酸、高マトリックスなどの試料に対応
■ 水素化物発生システム

環境要件

外形寸法 [W x D x H]

1696 x 698 x 604 mm

質量

205 kg

電源

単相、 220-240 V、50-60 Hz、4 kVA

周辺環境

湿度: 20 ~ 80 %、温度: 18 ~ 24°C ± 2°C

アルゴンガス

純度 99.995 % 以上

窒素ガス

160 ~ 190 nm、純度 99.999 % 以上
120 ~ 160 nm、純度 99.9995 % 以上

排気ダクト

排気量: 250 m3/h 以上

Ultima Expert は、標準構成のほかに LT バージョンもお求めいただけます。
システムによって構成・オプションが異なります。詳細はお問い合わせください。 

※ 注意事項: ICP発光分析装置を使用するにあたり、総合通信局(長)への届出が必要です。

 

 

アプリケーション

真空紫外域の測定スペクトル例

強度が強く重なりの少ない120nmからの真空紫外領域のスペクトルが可視領域と同様に測定できます。



塩素分析の事例

ICP発光分析装置による塩素の測定

各種ハロゲン元素の測定プロファイルを次に示します。

①水道水処理に使用される塩素成分の測定例 水道水中Cl


②めっき液中陰イオンの管理例 めっき液中Br


③有機溶媒に含まれる塩素の測定例 有機溶媒(DMAC)中Cl分析


④NaClに共存する陰イオンのBrの測定例 高塩濃度(2%NaCl)中Br

遠紫外領域に発光スペクトルを持つ塩素のオイル及び水マトリックス中の測定をおこなったので紹介します。

通常、ハロゲン類、特に遠紫外領域に発光スペクトルを持つ塩素、臭素は、ICP-AESでは測定できない元素として知られています。
また塩素134nm、臭素154nmなどのスペクトルを含むこの真空紫外領域(〜200nm)は、スペクトル線が少なく分光干渉の少ない領域として知られています。
その理由は、この領域が空気中の酸素による光の吸収のため、光が検出されない、それに加えて一般的に使用されているレンズ、窓材が石英で作られており、160nm以下の光を透過させないことによります。
しかしながら、200nm以下の真空紫外領域は、比較的スペクトル線が少なく、それにともない、スペクトル干渉も少なくなるので、マトリックスの複雑な試料では有効となります。
Ultima Expertシリーズは120nm迄の遠紫外領域を測定できる装置です。

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)