大型分光器FHR640/FHR1000

概要

HORIBA JOBIN YVONの最新のOSD製品開発から誕生したFHRシリーズは、高精度・高分解能を必要とする分光分野に最適なツールになります。独自の設計によるダイキャストボディは、きわめて安定した測定を可能にします。超高速・高分解能・高精度な焦点距離640mmまたは、1000mmのCzerny-Turnerマウント分光器です。ダイレクトドライブ機構を採用し超高速(300nm/秒)動作が可能でありながら、波長精度±0.03nm、波長再現性±0.015nmのきわめて高い精度を持っております。2枚の回折格子が切換えて、ご使用できます。

特長

  • ダイキャストボディを 採用し、高剛性を実現。優れた波長精度と安定した性能が得られます。
  • 超高速波長移動 300nm/秒(1200gr/mmグレーティング使用時)
  • 入口2系統、出口2系統がご使用可能です。
  • コンピュータコントロール(波長駆動、スリット、グレーティング切換、入口ポート切換、出口ポート切換)
  • 110mm×110mmのグレーティング1枚、もしくは80mm×110mmの2枚のグレーティングを搭載可能
  • GPIB/RS232Cインターフェース

製造会社: HORIBA Scientific

仕様

 

FHR640

FHR1000

焦点距離

640mm

1000mm

開口比

f/5.4

f/9.0

グレーティングマウント

1枚または2枚

1枚または2枚

グレーティングサイズ

110mm×110mm(1枚) 80mm×110mm(2枚)

110mm×110mm(1枚) 80mm×110mm(2枚)

駆動範囲

0 〜1500nm

0 〜1500nm

駆動速度

300nm/秒以上

300nm/秒以上

逆線分散

1.2nm/mm

0.8nm/mm

分解能(スリット幅10μm)

0.016nm

0.010nm

波長精度

±0.03nm

±0.03nm

波長再現性

±0.015nm

±0.015nm

電動スリット

0〜2mm (オプションで、0〜7mm)

0〜2mm (オプションで、0〜7mm)

インターフェース

GPIB/RS232C

GPIB/RS232C

サイズ W×D×H

350×740×350mm

430×1160×350mm

重さ

65Kg

70Kg

*1200gr/mm回折格子使用時。
開口比は、110mm×110mmサイズ回折格子使用時の値です。

アプリケーション

 水銀ランプのスペクトル FHR1000、3600gr/mmで測定

水銀ランプのスペクトル FHR1000、3600gr/mmで測定
FHR1000、3600gr/mmグレーティング、SynapseCCD(26μmチップ)で、312.565nm、313nmのダブレットを測定。313nmのダブレットも完全に分離できる分解能が得られます。超高分解能が求められる、プラズマモニタ、低温フォトルミネッセンス測定に威力を発揮します。

 

 水銀ランプのスペクトル FHR1000、3600gr/mmで測定

水銀ランプのスペクトル FHR1000、3600gr/mmで測定
FHR1000、3600gr/mmグレーティング、SynapseCCD(26μmチップ)で、435.835nmを測定。26μmチップのCCDで、アイソトープが確認できます。オプションの拡大光学系を追加すると、分解能はさらに向上いたします。

ダウンロード

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)