グレーティングの選択

グレーティングの推奨レンジは、次の一般式で与えられます:
2/3λ〈 λ 〈 2λ
ここでλはグレーティングのブレーズ波長

F/値と口径比の関係

f/値

f/2

f/3

f/4

f/5

f/8

f/10

Ω(度)

14.48

9.6

口径比

0.25

0.16

スペクトログラフの場合

バンドパスは、フォーカルプレーン上で分散したスペクトル幅として定義されます。
アレイ検出器の理論的な分解能は、検出器の3ピクセルに亘る分散に対応します。

例:
2048×512ピクセルCCD (13.5×13.5 υm 3 pixel)を使用するTriax 550の場合(1200 gr/mmグレーティング)

FWHMは、Hg、Znなどの原子発光ラインを用いて測定されます。
FWHMは、Hg、Znなどの原子発光ラインを用いて測定されます。

帯域または分解能の定義

単色光源としてモノクロメータを使用した場合

バンドパスは、連続スペクトルを持つ光源を入射した際にモノクロメータを透過するスペクトル幅として定義され、モノクロメータの光学分散と入射スリットの口径比の積で与えられます。
スリットの幅を小さくしてゆくと、機器の分解能と呼ばれる上限に達するまで、バンドパスは減少してゆきます。一般的に、分解能は回折限界でのスリット幅で使用した場合、FWHM (Full Width at Half Maximum height) に対応します。

例:
TRIAX 320の逆線分散:
Dispersion = 2.64 nm/mm

100 μmのスリット幅で測定
Band Pass = 2.64 x 0.1 = 0.264 nm

- 10 μmのスリット幅で測定。この分解能は、モノクロメータの仕様中に記載されます。
Resolution = 0.06 nm

ナノメータ変換式

エネルギー

例:
E=1.6 eV
ΔE=0.01 eV
λ=768.75 nm
Δλ=4.77 nm

エネルギー cm (波数)

例:
υ=50000 cm-1
Δυ=20 cm-1
λ=200 nm
Δλ=0.08 nm

ダウンロード