蛍光分光光度計

HORIBA JOBIN YVON(ホリバ・ジョバンイボン)の蛍光分光光度計・蛍光分光測定装置はモジュール型、簡易型、光ファイバー型から用途やご予算に応じて適切な装置をお選びいただけます。リン光ユニットが一体型された簡易型蛍光リン光分光光度計も発売しています。蛍光、リン光測定に関するアプリケーションもご紹介しております。サンプル測定、デモ機の貸し出しもおこなっております。詳細はお気軽にお問い合わせください。


蛍光寿命測定装置

蛍光寿命は太陽電池、光触媒、遅延蛍光、生化学、半導体物理、分子や結晶の反応過程などを詳細に分析する上でますます重要性が増してきています。そのため、蛍光測定においても、定常スペクトルから得られる情報に加え、それぞれの物質の蛍光寿命を測定・分析することによって、発光過渡現象をよりダイナミックに把握する必要性が一段と高まっています。蛍光寿命とは、試料にパルス光を照射して励起状態となってから、蛍光を放出して元の状態に戻るまでの時間のことで、一般にナノ秒オーダの値を持ちます。HORIBAは、その卓越した高速計測技術を駆使して、蛍光寿命測定装置を1980年代初頭に国産では初めて開発以来、各方面で高い評価を得てきました。