モジュール型近赤外高速蛍光分光光度計 NanoLog

概要

分光器iHRシリーズ+NanoLog InGaAsアレイ検出器(液体窒素冷却)により、高速マトリックス測定を実現しました。カーボンナノチューブの近赤外発光測定に最適です。

蛍光分光測定によるカーボンナノチューブ構造の分析

近赤外(NIR)波長領域(HORIBA JOBIN YVON製 InGaAsアレイ検出器Symphony IGA)を搭載した場合

InGaAsアレイ検出器Symphony IGAにより、スピーディな検出が可能になります。
Image

測定例

Fluorolog-NIR(FL3-21+液体窒素冷却 NIR InGaAs アレイ検出器)で測定したSWCNTの近赤外発光スペクトル
SPEX Fluorolog-NIR(FL3-21+液体窒素冷却 NIR InGaAs アレイ検出器)で測定したSWCNTの近赤外発光スペクトル

Fluorolog-NIRで測定したSWCNTの近赤外蛍光3次元マッピングデータ
(上グラフ:発光スペクトル 下グラフ:励起スペクトル)
SPEX Fluorolog-NIRで測定したSWCNTの近赤外蛍光3次元マッピングデータ

Fluorolog-NIR(NIR-PMTを使用)で測定したSWCNTの近赤外蛍光スペクトル
SPEX Fluorolog-NIR(NIR-PMTを使用)で測定したSWCNTの近赤外蛍光スペクトル

上記グラフの詳細は
カーボンナノチューブの測定の一例』にて詳しく解説してあります。
*リンク先は英文サイトです。


製造会社: HORIBA Scientific

外形寸法図・他(単位:mm)

Schematic of the NanoLog, showing the optical path from source through sample to detectors

製品紹介ビデオ

FluoroMax-4?2:55?
FluoroMax-4?2:55?

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)