迷光除去、低迷光、コマ収差や非点収差などの収差補正等に関して、高い技術力・豊富な経験を有するHORIBA Jobin Yvon社のグレーティング技術をご提供させて頂きます。

  • ルールド平面グレーティング
  • ホログラフィック平面グレーティング
  • ブレーズドホログラフィク平面グレーティング
  • 凹面グレーティング
  • フラットフィールド/イメージング用凹面グレーティング
  • モノクロメーター用グレーティング

など、様々な目的に応じ、グレーティングをご提供できます。

カスタム(特注)回折格子(グレーティング)についてはこちらをご覧下さい。

製品ラインナップ

HORIBA Jobin Yvonが提供するグレーティングは、レプリカグレーティングです。高いスループット(再現性が良く、かつ低迷光・低ノイズ)・高い環境対応力など、お客様が使用する分光器や分光モジュールに搭載しても非常に安心感があるグレーティングを長期安定に供給することができます。

必要に応じて、HORIBA Jobin Yvonの豊富な光学リソースを用い、分光配置図(Optical Layout)・効率曲線(Efficiency curve)・分光予想図(Spot Diagram)などの開発・設計に必要な情報も提供できますので、お問い合わせ願います。

また、カタログに掲載されていない特殊なグレーティングをマスターグレーティングから製作することも可能ですので、お問い合わせください。


ルールド平面グレーティング

弊社は高精度のマスターグレーティングを製造しそこから幅広いレプリカを生産しています。その高精度レプリカグレーティングの寸法は通常 25×25mm~120×140mmに及びます。

ホログラフィック平面グレーティング

弊社は多種多様なホログラフィックマスターグレーティングを製造、そこから高精度なレプリカを生産しています。

 

ブレーズドホログラフィック平面グレーティング

弊社は多種多様なブレーズドホログラフィックマスターグレーティングを製造し、そこから高精度なレプリカを生産しています。

収差補正型凹面グレーティング

凹面ホログラフィックグレーティングは等間隔かつ平行な溝で球状の基板上にレコーディングされます。

フラットフィールド/イメージング用凹面グレーティング

Type IV の収差補正フラットフィールドグレーティング、イメージンググレーティングはスペクトルを同一平面上に集光するようデザインされており、二次元のアレイ型検出器と組み合わせるグレーティングとして理想的です。

モノクロメータ用グレーティング

TypeIVの収差補正型モノクロメータ用グレーティングは凹面部分が光を分散し、入射スリットからの光を平行光及び再度フォーカスし出口スリットに出射を致します。

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

株式会社 堀場製作所
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)