SEPA-300ではプリンタが標準装備されていました。SEPA-500ではオプションになりましたが測定結果の出力はどうするのですか。

標準でUSBメモリーを準備しました。
測定項目(旋光度、比旋光度、濃度、国際糖度、Brix純糖率)はもちろん、測定条件、測定日時、試料名等がワンタッチで保存できます。