レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置(粒度分布) LA-960シリーズ

概要

世界に届ける粒子計測(粒度分布測定)の性能と品質

世界で最高クラスの品質、精度、信頼を得たレーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置 Partica(パーティカ)シリーズ。Particaの実力を最大限に継承、かつ粒度分布サブミクロン領域の測定性能を革新し、測定レンジのみならず実用性、実性能でユーザニーズに応えるモノづくりにこだわりました。世界で認められた京都ブランドの誇り、世界最高水準機として Partica LA-960。 HORIBAから誕生です。

Particaは、微粒子サイズ計測で最も優れた性能を発揮します。

0.01μm(10nm)~5000μm(5.0mm) 業界最大値幅*のダイナミック測定レンジ
HORIBAが長年培った光学設計技術を踏襲し、理論に従った演算シミュレーションノウハウと実試料の測定結果解析を蓄積し、光散乱現象から最適化されたアルゴリズムによる演算手法を開発しました。ナノレンジの測定も精度と感度を改良し、Particaは平均径20nmの標準粒子測定(粒度分布測定)の実力を備えました。
*当社調べ(2013年6月現在)

最小平均径20nmの標準粒子の測定を実現

最小平均径20nmの標準粒子の測定を実現

Particaの信頼性は出荷時の全数検査で確証されています。

  • 標準粒子による±0.6%精度保証
  • ISO13320規格準拠
  • トレーサビリティサポート

特にニーズの高いサブミクロンからナノレンジの測定に関し、HORIBAは信頼性の高い粒子径とその分布幅を算出します。世界で初めて試みた粒子計測(粒度分布)業界初の精度保証をより強化しています。機差を極力抑えるための工夫として、分布幅(最小~最大粒子が約10倍程度)をもつNISTトレーサブルな計測機器を用いて製造された標準粒子を用いて一台一台確実に出荷検査を行っています。装置の異常を検知する目的だけではなく、そのパフォーマンスを実際の測定対象に近い条件で厳しい検査を行っています。

特長

進化し続けるソフトウェア

  • ひと目で分かりやすいボタン配置。操作性、機能性を向上。
  • メソッド・エキスパート機能による粒径分布(粒度分布)最適測定条件の選定や考察が行え、ユーザによる自動測定の自由設計が可能。
  • 旧モデルとのデータ相関ソフトウェア完備。

進化し続けるソフトウェア

Particaのアプリケーションを意識したこだわり

Particaは、ユーザのニーズを採用したオプションアクセサリオペレーションストレスを解消しました。

  • 高濃度試料の粒径分布(粒度分布)測定に最適なペーストセル
  • 有機溶媒を使って分散し測定 する場合の保護ツール
  • 分析装置の 設置スペースの制約を解消

Particaは、分析部と循環系を一体型させたコンパクト設計です。粒径分布(粒度分布)測定作業の効率化、省スペースに貢献します。

粒径分布(粒度分布)測定作業の効率化、省スペースに貢献

カタログ

レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置 LA-960シリーズ
 


 

希望販売価格 

 

 


製造会社: HORIBA

仕様

測定原理

Mie散乱理論

測定粒子径範囲

0.01~5000μm

測定時間

1分(分散媒注入から循環系洗浄および粒子径分布結果表示まで)

測定方式

フローセル測定、バッチ式セル測定(バッチ式セル/セルホルダが必要)

測定必要サンプル量

約10mg~5g(フローセル測定時:ただしサンプルにより異なる)

分散媒

約180mL(フローセル使用時)、約5、10、15mL(バッチセル使用時)

通信

USB2.0(装置本体~PC間)

光学系

光源:半導体レーザ(650nm)、5mW、LED(405nm)、3mW
検出器:リング状シリコンフォトダイオード、側方・後方シリコンフォトダイオード

循環系

分散:超音波プローブ 30W
循環:遠心ポンプ15段階可変 最大約10L/min(水の場合)
フローセル:合成石英

使用温度・湿度

15℃~35℃、85%RH以下(ただし結露しないこと)

電源

AC100/120/230V 50/60Hz、300VA

外形寸法

705 (W) × 565 (D) × 500 (H) mm

質量(測定部)

56kg

データ処理・操作部

PC:IBM PC/AT互換機 OS:Windows®7
プリンタ:Windows®7 対応プリンタ モニタ:Windows®7 対応モニタ
操作方式:Windows®7 の環境下でのマウス、キーボードによる入力

Model

LA-
960N

LA-
960A

LA-
960S

LA-
960W

LA-
960L

光学系

標準
光学系

水タイプ
エタノールを分散媒として
添加する事は可能
(0.01~3000μm)

標準循環
システム

-

-

-

-

水道直結注入
システム

-

-

-

-

大容量循環
システム

-

-

-

-

有機溶媒タイプ
(0.01~3000μm)

標準循環
システム

-

-

-

-

カタログ

レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置 LA-960シリーズ

外形寸法図・他(単位:mm)

LA-960 Standard Model
LA-960 with Dry Unit Accessory

アクセサリ

特長

最適分野・アプリケーション例

高濃度セルユニット

高濃度サンプルにおいても希釈などの前処理の必要なく測定が可能。
サンプルの粘度に適したセルをラインアップ。

●極力希釈をしないで測定したいインク、塗料・顔料
●二次電池の正極材、負極剤など
●高粘度樹脂やポリマーに分散された微粒子

乾式測定ユニット

粉末状態のままで粒子径測定(粒度分布測定)が可能。自由落下での非分散測定(オプション)および圧縮空気を用いた強制分散測定の両方が可能。粉末の凝集状態や特性に応じた分散ノズルも異なるサイズが付属。試料量はスパチュラ一杯から可能な吸引式サンプリングや、電磁フィーダを用いたサンプリングなどをご用意。
測定レンジ:0.1-5000μm

●水に溶けやすい食品原料、医薬品、粉洗剤、染毛料など
●粒子を集めて塊状に加工された顆粒や造粒粉
●水や溶媒に分散させると膨潤するポリマーや樹脂
●撥水コーティングされた粉末

ミニフロー
小容量循環システム

試料の分散媒量35mLでのフロー式測定が可能。分析に用いる試料量、分散媒量を節約できます。循環系に超音波プローブを内蔵し、試料を循環させながら分散処理を行います。分散媒の自動注入ポンプも標準装備。自動注入・自動洗浄シーケンスを用いてサンプル投入以外は全自動測定が可能。
粒径(粒度)測定レンジ:0.01-1000μm 
有機溶媒対応

●顔料や塗装材料、文房具用インクなど有機溶媒に分散された製品
●医薬品や食品、染料など水に溶解し易いため、有機溶媒に分散する必要がある試料
●燃料、潤滑油などオイル系溶媒に分散している試料

バッチセルユニット

超微量試料測定や、測定後に試料を全量回収する場合。
分散媒を最小限に節約。 最少容量5mLから測定可能。
セルオプション:5mL, 10mL, 15mL

●測定後に全量回収が必要な希少試料、貴金属や医薬品
●揮発性の高い溶媒を用いた測定
●試料量が限られた標準粒子など

ペーストセルユニット

高濃度試料を希釈せずにサンプリングしたり、高粘度溶媒に分散された試料をそのままの状態でセル板に挟み込んで測定する。磁性を持つ粉末も高粘度オイルに分散させて、再凝集を防いで測定可能。

●極力希釈をしないで測定したいインク、塗料・顔料
●二次電池の正極材、負極材
●高粘度樹脂やポリマーに分散された微粒子
●磁性粉体

スプレーユニット

気相中の液体、固体粒子の大きさを測定。

●スプレーノズルや効率の研究・開発
●インヘラー型医薬品、スプレー型点鼻薬

オートサンプラ

取り外し可能な試料カップを24個搭載した、回転テーブル式の自動サンプリングシステム。試料カップ内を洗浄し、全量を分散バスへ投入する仕組みを装備。

 

 

●セラミックスや電子材料の生産ライン管理
●コンデンサ材料の生産品質管理
●触媒生産工場における各拠点の生産品質管理


スラリーサンプラ※1

スラリー状の試料をそのままサンプリングし、攪拌しながら均一な状態を保ちます。必要な試料量を自動でサンプリングし、ロボットアームが分析用の分散バスまで運びます。15、30、60サンプル用コンテナが装着可能、最大60コンテナまで対応。

温調セルユニット※2

設定した温度を保ったサンプリングが可能。また、温度変化による粒子径の影響をモニタすることも可能。
制御範囲温度:1~90℃
溶媒容量:15ml

●バイオサンプルの温調測定
●イオン性・非イオン性の温度による効果確認
●ミルクや医薬品など人肌の温度の状態で測定したい試料

*1 ご相談に応じて御見積いたします。
*2 恒温循環水槽が別途必要です。