レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置(粒度分布) Partica mini LA-350

概要

充実装備のコンパクトモデル Partica mini(パーティカミニ)

HORIBA が提案するレーザ回折/ 散乱式粒子径分布(粒度分布)測定装置は、試料の湿式分散前処理部と分析部が一体化されたコンパクト(A3サイズ)なデザインが特徴で、迅速且つ効率の良い分析作業を実現するエッセンスが盛り込まれています。
リサーチラボから製造工場現場まで幅広い場面で安心してお使い頂ける機能を搭載しました。


Partica mini の優れた3 つの特徴

循環システム

ハイエンドモデルと同性能の遠心ポンプを搭載し、1000μmまでの粗大粒子を停滞や偏析させずに循環し、排出します。充分な循環力を備え、高速測定にも貢献。

光学系レイアウト

光源には長寿命で安定した半導体レーザを採用し、光散乱強度を精度よく捉える検出器を前方と側方に配置。

シンプルオペレーション

パソコンオペレーション用の専用ソフトウェアは、シンプルで分り易い操作、視認性の高いボタンやアイコンをデザインしました。 ナビゲーション機能が基本的な測定フローを導く役割を担い、表示される説明に沿ってサンプリングなど一連の作業を適確に後押しします。

測定条件をボタンで選べば、3ステップで分析完了

  1. ナビゲータより測定フローを選択
  2. ナビゲータに従って測定開始
  3. リンス洗浄からデータの印刷まで

ストレスを感じさせないメンテナンス・オペレーション

特殊な工具が不要なセルの取り外し

フローセルユニット(標準装備)
メンテナンス・オペレーション

サンプル量が少ない、 または全量回収したいときは

バッチ式セルユニット(オプション)
バッチ式セルユニット

安心の高性能・精度保証

  • 測定レンジ:0.1~1000μm
  • 測定データ精度保証:HORIBAが選定したNISTトレーサブル標準粒子を用いて±1.4%(但し、標準粒子ボトル規格のばらつきを含む)
  • ISO13320で推奨される性能を確認する出荷検査対応

 

粒子径分布(粒度分布)測定装置ラインナップ 


製造会社: HORIBA

仕様

測定原理

Mie 散乱理論

測定粒子径範囲

0.1~1000μm

測定時間

測定開始から結果表示まで約10秒(但し、サンプルやPCにより異なる)

測定方式

フローセル測定

必要試料量

10mg~5g(但しサンプルにより異なる)

分散媒

約130-230mL

使用可能分散媒

水(有機溶媒対応仕様あり)

通信

USB2.0 (装置本体~PC間)

使用温度、湿度

15℃~35℃、85%RH以下(ただし結露しないこと)

電源

AC100-240V、50/60Hz、150VA

外形寸法

幅297mm×奥行420mm×高さ376mm(突起部除く)

質量(測定部)

約23 kg

光学系

検出器:シリコンフォトディテクタ

循環系

分散:超音波プローブ式、7段階強度設定
循環:遠心ポンプ、15段階速度設定
排水:電磁弁によるプランジャ駆動

オプション

バッチ式セル、自動注入ポンプ、有機溶媒対応仕様

アクセサリ

特長

バッチ式セルユニット

セルの中をスターラーで撹拌しながら測定するため、サンプルの偏りや沈降を防ぎます。分散媒を最小限に節約。サンプル量が少ない時や、サンプルを全量回収したい時に最適です。

自動注入ポンプ

分散媒の注入を、ソフトウェアから自動で行うことができます。測定の効率化に加え、溶媒を直接扱う必要がなくなるので、安全に測定をすることができます。

有機溶媒対応仕様

接液部を有機溶媒に強い素材に変えることで、水以外の有機溶媒を用いることが可能。水では凝集を起こしたりに溶解してしまう試料の測定時に、多様な有機溶媒をもちいることができます。