バイオ  ~アプリケーションノートダウンロード~

顕微ラマン分光装置による測定の実際と医薬品/バイオ応用の紹介
医薬品の研究開発では、化学組成の分析以外に結晶性(多形)の解析に利用されています。また、自動測定システムも開発され、生産工程管理や品質管理にも応用されています。最近では、単細胞の組成分布観察などバイオ分野での研究においても注目を集めています。(技術情報ページで一部公開中 

コレステロールや脂肪酸の脂質沈着モニタリングによる、アテローム性動脈硬化プロセスの調査 (本文は英文です)

微生物の単一細胞レベルでのラマン分析 (本文は英文です)

サル脳細胞のラマンイメージング (本文は英文です)

皮膚のIn-vivoラマン分析 (本文は英文です)

リンパ球のSERS分析 (本文は英文です)

バクテリアのラマン分析 (本文は英文です)

小麦穀粒のラマンマッピング (本文は英文です)

細胞内イメージング向けSERS分析 (本文は英文です)

高分解能SERS分析による血栓症発生メカニズムの洞察 (本文は英文です)

精子DNAのラマン分析 (本文は英文です)

酵素のラマン/共鳴ラマン (本文は英文です)