SPRi(表面プラズモンイメージング)

SPRiラベルフリー生体分子間相互作用解析

表面プラズモン共鳴(SPR)法は、ラベルフリーで分子間相互作用を解析できる手法で、分子間の結合から解離に 関わる各種パラメーターを計測することができます。
タンパク-タンパク、DNA-DNAなどの同種間の相互作用だけでなく、DNA-タンパクなど 異種の分子間相互作用も計測可能です。さらに、抗体-微生物、抗体-培養細胞といった細胞表面との相互作用も計測することができます。

SPRiラベルフリー計測の原理

SPR現象を利用し、ラベルフリーな分子間相互作用のリアルタイムかつマルチチャンネル計測を実現します。
SPR現象とは、金属表面と液体との境界面で生ずるプラズモン波が境界面に存在する分子と相互作用することにより生じる現象です。特に、金属表面に存在する分子の結合変化を敏感に検出できるため、これを利用して分子間相互作用を鋭敏に計測できます。

手軽にハイスループットアッセイ

  • マイクロアレイ状にリガンド分子を固定したバイオチップが作製可能
  • 表 面化学処理された最適なバイオチップを用いることで多彩なバイオチップを簡便に作製
  • 複数のリガンドとの反応を同時測定し、専用解析ソ フ トにより速度論的パラメーターを容易に決定

チップ作成:リガンド
(生体分子)のスポッティング

表面化学処理された最適なバイオチップ上にリガンドをアレイ状に高密度固定します。

反応:
生体分子間の相互作用

サンプル溶液をインジェクション後、バイオチップにアレイ状に固定されたリガンド分子との相互作用を同時に行います。

検出:
SPR

バイオチップ表面で起きる生体分子間の相互作用による結合変化をリアルタイムかつマルチチャンネルで計測します。