2014年8月4日
株式会社堀場製作所

平素より弊社製品をご愛用賜り誠にありがとうございます。

さて、LAQUAact [D-70シリーズ] に関して、社内調査で下記2件の現象を確認いたしました。つきましては、ご愛顧の皆様に、安心してご使用いただくための対応をいたしたく、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.LAQUAact [D-74] 電気伝導率測定値の誤差について

ポータブル型pH・電気伝導率計 [D-74] において、使用過程でセル定数が初期化される現象が生じ、電気伝導率測定値に誤差が発生することが判明しました。つきましては本製品の点検とソフトウェアの更新をさせていただきます。なお、pH測定で本現象は発生しません。

  • 対象製品: LAQUAact [D-74] 
    (対象製造期間:2013年8月~2014年7月)

詳細は、LAQUAact [D-74] ソフトウェアの更新と点検についてのご案内をご参照ください。

2.ISFET pH電極 [0030-10D、0040-10D] 使用時のpH値の誤差について

ISFET pH電極をD-70シリーズと組み合わせてご使用された際、電極のアダプタ部の電気回路に起因し、温度測定値に誤差が生じることが判明しました。そのため、温度測定値で補正しているpH値にも誤差が生じる場合があります。つきましては同電極のアダプタ部を修理対応させていただきます。なお、D-70シリーズ以外の製品との組み合わせでは本現象は発生しません。 

  • 対象製品: ISFET pH電極 [0030-10D、0040-10D] 
    (対象製造期間:2003年4月~2014年7月)

詳細は、ISFET pH電極 [0030-10D、0040-10D] アダプタ部の修理についてのご案内をご確認ください。

D-74
0040-10D(左)、0030-10D(右)